SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

ComponentZine(ActiveReports)(PR)

「ActiveReports」でBlazorアプリケーションに帳票出力機能を追加してみよう

.NET帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET」の活用事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本記事では、グレープシティの.NET帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 16.0J」のBlazorビューワ機能について、簡単な帳票アプリの作成をとおして、その魅力を紹介します。ActiveReports for .NETは、Visual Studio上で開発できるコンポーネントとして定番のものですが、バージョン16.0Jでは、ASP.NET Core Blazorに統合して使用できる「Blazorビューワ」が提供されるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対象読者

 Blazorやデータベースを利用するアプリの基礎的な知識がある方を対象とします。Blazorについての基本的な解説は割愛します。

ActiveReportsとは

 グレープシティの「ActiveReports」は、さまざまな帳票様式に対応できる高機能な帳票作成コンポーネントです。最新バージョンの16が示すとおり、着実に改良を重ねており、実際の業務アプリでも幅広く使われています。

ActiveReports for .NET16.0J「Blazorビューワ」

 今回のバージョンでは、「.NET 6」「Visual Studio 2022」の対応をはじめ、.NET環境への対応がさらに強化されています。また、ASP.NET Core Blazorに統合して使用できる「Blazorビューワ」が提供されます。

 Webシステムにおいては、帳票処理が泣き所のひとつですが、「Blazorビューワ」を使えば、極めて高品質な帳票出力が可能となります(なお、Blazorビューワは、Professional版限定機能です)。

「Blazorビューワ」を使ったBlazor帳票アプリ

 本記事では、Blazorビューワを使ったBlazor帳票アプリを作成します。Blazorアプリには、クライアントのブラウザ上で動作するBlazor WebAssemblyと、サーバー上のASP.NETを利用するBlazor Serverという、2つのホスティングモデルがあります。今回は、Blazor Serverのアプリを作成します。

登録ページ
登録ページ
預り証表示
預り証表示

「預り証」作成アプリ

 作成する帳票アプリは、入力された情報を元に「預り証」を作成、表示するものです。ごくシンプルなアプリですが、ActiveReportsを用いた業務アプリを作成するための、基本的な処理は含まれています。

ActiveReportsのインストール

 アプリの作成の前に、ActiveReportsのインストールを説明しておきましょう。ここでのインストールは、帳票定義ファイルを作成するためのデザイナツールや、ライセンス情報を登録するツールなどになります。まずActiveReportsの製品版、またはトライアル版を開発環境にインストールします。トライアル版はグレープシティのWebサイトより無料で入手可能です。

インストーラー
インストーラー

 インストール終了後にGrapeCityライセンスマネージャーを起動します。ActiveReportsの認証手続きをクリックすると、入力フォームが表示されますので、購入時に発行されたプロダクトキーを入力してライセンス認証を行います。Blazorビューワのコンポーネントなどは、プロジェクト作成後にインストールします。

ライセンス認証
ライセンス認証

Blazor Serverの新規プロジェクト作成

 では、実際のアプリを作成していきましょう。ActiveReportsには、Visual Studio用の開発ツールも含まれています。新規プロジェクトのテンプレートも提供されていますが、今回は、通常のテンプレートを使ったプロジェクトに、後からActiveReportsのパッケージをインストールする手順を紹介します。

 Visual Studioの新しいプロジェクトの作成で、Blazor Server アプリを選択します。ここでは、プロジェクト名をBlazorReportsとして、フレームワークに.NET 6.0、認証なしで作成しました。

プロジェクト設定
プロジェクト設定

次のページ
データベースアクセスのための準備

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ComponentZine(ActiveReports)連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WINGSプロジェクト 高江 賢(タカエ ケン)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/16536 2022/10/20 12:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング