CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

帳票出力でデータの集計や分類を行える「ActiveReportsJS」のテーブル機能

「ActiveReportsJS」ではじめるフロントエンド帳票開発 第2回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、WebブラウザのJavaScriptで帳票を出力できるグレープシティのライブラリ「ActiveReportsJS」を活用した帳票アプリの開発を、複数回に分けて紹介しています。前回は基本的な利用法として、ActiveReportsJSを初めて使うための基本的な利用法と、データをリストや表に表示する方法を説明しました。今回は、表を表示するTableレポートコントロールの機能を利用して、データの集計やグループ化、フィルタ処理などを行う方法を説明していきます。

目次

はじめに

 グレープシティのJavaScriptライブラリ「ActiveReportsJS」は、サーバー側処理ではなく、WebブラウザのJavaScript処理で帳票を出力できるライブラリです。本連載では、ActiveReportsJSの活用法を複数回に分けて紹介しています。

 前回記事では、ActiveReportsJSの基本的な利用法とともに、帳票に表を表示するTableレポートコントロールを紹介しました。前回は単純な表を表示するだけでしたが、Tableレポートコントロールにはデータ処理や表示のさまざまな機能が備わっています(表1)。これらの機能を利用すると、データそのものを加工しなくても、帳票出力時にデータ処理を行って表示できます。

表1 本記事で紹介するTableレポートコントロールのデータ処理・表示機能
No. 機能 説明
1 データ集計 複数データの平均や合計などを計算して表示
2 グループ化 データをグループ分けして表示
3 フィルタ 表示するデータを絞り込み
4 セルの結合 同一値の隣接セルを結合して表示
5 データの並び替え 特定条件でデータを並び替え

 本記事では、表1に挙げたTableレポートコントロールの機能を利用する手順を、サンプルとともに説明していきます。

対象読者

  • Webページに帳票出力機能を実装したい方
  • ActiveReportsJSの利用法を順を追って学びたい方
  • 元のデータは加工せず、データ処理はライブラリに任せたい方

必要な環境

 本記事のサンプルコードは、以下の環境で動作を確認しています。Node.jsは、ActiveReportsJSの動作に必ずしも必要ではありませんが、ローカルでWebサーバーを動作させるために利用しています。

Windows 10 64bit版

  • ActiveReportsJS 1.2.0
  • Microsoft Edge 83.0.478.61
  • Node.js v12.18.2 64bit版

 サンプルコードを動作させるには、ActiveReportsJSのトライアル版が必要になります。公式ページからダウンロードしてください。トライアル版のZipファイルから、distフォルダーの内容をサンプルコードのactivereportsjsフォルダーにコピーします。次に「npm install」コマンドを実行してライブラリをダウンロード後、「npm run start」コマンドを実行すると、Webブラウザが開いてWebページが表示されます。

基本とするデータと表

 ActiveReportsJSでデータを帳票に反映するには、JSON形式のデータを帳票の「データソース」に登録して、そこから作成した「データセット」をレポートコントロールに設定します。詳細な手順は前回記事を参照してください。

 本記事で利用するデータのJSONファイルを、リスト1に示します。

[リスト1]データのJSONファイル(p000-table-basic/report-data.json)
[
  {
    "name": "Galaxy S20 5G",
    "vendor": "Samsung",
    "price": 117480,
    "is5G": true,
    "stock": 5,
    "comment": "5Gハイスペックをお手頃サイズで実現"
  },
  {
    "name": "Galaxy S20+ 5G",
    "vendor": "Samsung",
    "price": 133280,
    "is5G": true,
    "stock": 2,
    "comment": "大画面とミリ波対応に注目"
  },
(略)
]

 このデータはスマートフォンの機種情報で、データ項目は表2の通りです。前回記事で利用したデータとほぼ同じ内容ですが、No.5のstockを、在庫の有無(true/false)から在庫数(数値)に変更しています。

表2 リスト1のJSONファイルに含まれるデータ項目
No. 項目名 内容
1 name 製品名
2 vendor メーカー
3 price 価格
4 is5G 5G対応(true:対応、false:非対応)
5 stock 在庫数(台数を整数で指定)
6 comment 製品の特長を記述したコメント

 Tableレポートコントロールを利用して、リスト1のデータを図1の通り表示できます。基本的な実装方法については、前回記事やサンプルコード(p000-table-basic)を参照してください。

図1 Tableレポートコントロールを利用した基本的な表の表示(p000-table-basic)
図1 Tableレポートコントロールを利用した基本的な表の表示(p000-table-basic)

 これらの内容をベースとして、Tableレポートコントロールの機能を利用したさまざまな表の表示方法を説明していきます。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト  吉川 英一(ヨシカワ エイイチ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

バックナンバー

連載:「ActiveReportsJS」ではじめるフロントエンド帳票開発
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5