CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

[A-4]行政領域では今何が起きているのか?行政領域のスタートアップエンジニアから見たGovtech SaaSとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
■イベント:
Developers Summit 2021 Summer 講演資料まとめ
■講演日時:
2021年07月30日(金)13:15 ~ 14:00
■講演者 :
吾郷 協[グラファー]/澤 孝晃[グラファー]
■タグ
プロダクト開発  

セッション概要

新型コロナウイルス以降、窓口の混雑回避や給付金申請、ワクチン接種予約など様々な場面で、行政領域のシステムに関して様々な領域から注目が集まっています。ここでは行政領域(Govtech)でSaaSを開発している側のエンジニアから「いま行政領域で何が起こっているのか」、「行政特有の課題は」、「どうやって行政向けにSaaSを開発しているのか」といった内容をお伝えいたします。

講演者プロフィール

吾郷 協[グラファー]

株式会社グラファー
Web Frontend Developer

10年以上Web Frontendがメインの開発者。ゲーム、チャットサービスなどの会社を経て現職。Web Frontendにおけるテスト、設計などにも造詣が深い。GrafferではFrontendOpsと共にエンジニア採用も担当。

澤 孝晃[グラファー]

株式会社グラファー
Product Developer

社会人歴2年目の若手エンジニア。2018年、京都大学にて通信最適化の研究に従事。2020年、ヤフー株式会社に新卒入社。社内開発プラットフォームのためのコンソールを運用・開発する。2021年5月、株式会社GrafferにProduct Developer として入社。現在、Graffer スマート申請を運用・開発する。
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5