Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ComponentOne Studio for WPFでアプリケーションからExcelを取り扱う

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/03/03 14:00

 前回は、ComponentOne Studio for WPFを用いて、アプリケーションをWordやPDFと連携させる方法を紹介しました。今回は業務で利用する頻度の高い、Excelファイルを扱う方法を紹介します。前回の記事と合わせて、ComponentOne Studioのファイル連携について把握するお役に立てば幸いです。

目次

サンプルファイル

 本記事にアップロードしているサンプルファイルは、GitHubでも公開しています。

今回紹介するコンポーネント

 本記事では以下のコンポーネントを紹介します。

C1Excel(Excel for WPF)

 ComponentOne Studioに含まれるExcelファイルを扱うためのコンポーネントです。C1Excelを利用すれば、Excelファイルの作成、編集が可能になります。また、C1Pdf、C1Wordと組み合わせることで、PDF形式やWord形式で出力することができます。

対象読者

 Visual Studioを利用してアプリケーションを作成した経験がある、またはC#、Visual Basicなどの.NET系言語での開発経験がある方。

必要な環境

 ComponentOne Studio for WPFを利用するには以下の環境が必要となります。

  • Visual Studio 2010/2012/2013/2015 日本語版
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2

 本記事はVisual Studio Community 2015、.NET Framework 4.6環境で画像キャプチャーの取得、動作検証を行っております。

 なお、Microsoft ExcelなどのOffice製品が無くても開発可能です(作成したExcel形式のファイルを閲覧する場合にExcelが必要になりますが、アプリケーションの開発に必要ではありません)。

コンポーネントの導入

ComponentOne Studio for WPFのインストール

 ComponentOne Studio for WPFの導入については過去の記事「モダンな環境に対応する便利で多様なコンポーネント ~ バーコード/Excel/PDF/高解像度対応/タッチ操作/タイル」を参照ください。左記事では、WinFormsを選択してインストールしていますが、本記事ではWPFに読み替えてください。

 ComponentOne Studio for WPFのバージョンは、執筆時点で最新の「2016J v3」を利用します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5