Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Amazon Web Services、「Amazon Elastic Container Service for Kubernetes」の提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/08 16:25

 米Amazon Web Services(AWS)は、「Amazon Elastic Container Service for Kubernetes」(Amazon EKS)の、米国東部リージョンおよび米国西部リージョンでの提供を、6月5日(現地時間)に開始した。今後は、他のリージョンへも提供を拡大していく。

 Amazon EKSは、KubernetesをAWS上で、さまざまなAWSサービス・機能とともに利用できる。

 Kubernetesコントロールプレーン(APIサーバおよびetcdサーバ)は、3つのAWSアベイラビリティゾーンにわたって実行され、高可用性を実現している。また、コントロールプレーンノードは常に監視されており、障害発生時には自動的に置き換えられるほか、パッチ適用やアップデートも自動で行われる。

 認証にはHeptio Authenticatorを使用しているので、IAMによって資格情報の管理が容易になる。

 Kubernetes Persistent Volumesは、Amazon Elastic Block Store(EBS)として実装されており、外部DNSからはAmazon Route 53経由でアクセスできる。また、コンテナインターフェースからPodへのアクセスにはElastic Network Interfaceを使用する。

 そのほか、ロードバランシング(AWS Network Load Balancer、AWS Application Load Balancer、Elastic Load Balancer)、および自動スケーリングをサポートしている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5