Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「CEDEC 2018」の基調講演が決定、任天堂の宮本茂氏と慶應義塾大学の村井純氏が登壇

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/03 14:42

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、8月22日~24日にパシフィコ横浜会議センター(神奈川県横浜市)で開催する、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2018」の基調講演の講演者、および講演テーマを7月2日に発表した。

 初日である8月22日には、任天堂の代表取締役 フェローの宮本茂氏が登壇し、「どこから作ればいいんだろう?から10年」(仮)と題して、「CEDEC 2008」以来2度目の基調講演を行う。

 「CEDEC 2008」の同氏の基調講演は、「どこから作ればいいんだろう?」というテーマで、『Wii Music』の開発を中心にゲームのプロデュースやユニバーサルデザインの考え方、日々のものづくりの小さなこだわりなどについて語ったが、今回の基調講演は2008年の講演内容を振り返りつつ、ゲーム制作の現状について語ってもらう。

 最終日である8月24日の基調講演には、慶應義塾大学・環境情報学部教授大学院政策・メディア研究科委員長の村井純氏が登壇し、「日本のインターネットの父」として知られる同氏ならではの視点で「インターネット文明における空想と現実」について紹介していく。

 このほか、CEDEC運営委員会では、商業ゲーム開発に携わる開発者を対象にした「ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査」を、7月31日までCEDECの公式サイトにて実施している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5