Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、JavaScriptライブラリ「Wijmo 2018J v2」を発売、新たにGUIデザイナを追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/25 16:15

 グレープシティは、業務アプリケーション開発に役立つUIコントロールを多数収録したJavaScriptライブラリ「Wijmo 2018J v2」を、7月25日に発売した。1年定額制のサブスクリプション方式で、最上位エディション「Wijmo Enterprise」の初回費用は1ユーザーライセンスが税込129600円。

Wijmo 2018J v2
Wijmo 2018J v2

 「Wijmo 2018J v2」では、収録コントロールを直感的に設定・編集可能なGUIデザイナが追加されており、グリッド(FlexGrid、FlexSheet)、チャート(FlexChart、FlexPieほか)、入力(AutoComplete、Calendarほか)、ゲージ、ツリービュー、OLAPの編集に対応している。

 GUIデザイナは、Webアプリ版とVisual Studio Code拡張版の2種類で、画面上で視覚的にコントロールを設定し、生成されたJavaScriptソースコードをコピー&ペーストするだけでコントロールを配置できる。

 また、CSSの拡張言語であるSass(Syntactically Awesome Style Sheets)に対応しており、スタイルをモジュール単位で細分化して定義可能なので、ファイルサイズの大幅な軽減を実現する。さらに、構文がネストされているのでスタイルが読みやすくなり、メンテナンス性が向上するほか、コンパイル時に構文エラーを検出できるので、開発生産性を高められる。

 その他の新機能としては、JavaScriptフレームワーク「Angular 6」への対応、「ECMAScript 2015(ES2015)」への対応およびES2015形式モジュールの追加、Web Componentsサポートの追加(ベータ版)が行われている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5