Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、.NET/Xamarin用コンポーネントを多数収録したスイート製品「ComponentOne 2018J v2」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/01 16:15

 グレープシティは、業務アプリケーション開発に役立つ.NET/Xamarin用コンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne 2018J v2」を、7月25日に発売した。1年定額制のサブスクリプション方式で、1ユーザーあたりの税込の初期費用は162000円。

ComponentOne 2018J v2
ComponentOne 2018J v2

 「ComponentOne」は、業務アプリケーションの開発に必要な、グリッド、チャート、入力支援機能などUIコンポーネントのセットで、Windows Forms、WPF、UWP、ASP.NET、Web Forms、ASP.NET MVC、Xamarinをサポートし、デスクトップからWeb、モバイルアプリなど、多様な開発に対応している。

 今回発売した「ComponentOne 2018J v2」は新コントロールとして、ダッシュボード用のユーザーインターフェースを構築するためのレイアウトシステム「DashboardLayout(ダッシュボードレイアウト)」(Windows Forms、ASP.NET MVCに対応)、シンプルなコードでタブを実現する「TabPanel(タブパネル)」(ASP.NET MVCに対応)を搭載した。

 さらに、「FlexChart」コントロールの機能強化として、色を使用してデータ値を表し、大規模で複雑なデータのプロットに適した「ヒートマップチャート」(Windows Forms、WPF、UWPに対応)、Windows版Visual Studio用と同様のVisual Studio for Mac用テンプレートが追加されている。

 なお「ComponentOne 2018J v2」では、新たに.NET Framework 4.7.2、ASP.NET Core 2.1、Google Compute Engine、Xamarin.Forms 3.0に対応した。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5