Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

テクマトリックス、Java対応テスト自動化ツール「Jtest10.4.0」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/10 14:00

 テクマトリックスは、米Parasoftが開発したJava対応テスト自動化ツール「Jtest10.4.0」を、10月10日に発売した。

 「Jtest」は、高品質なJavaシステムの開発とテスト工数の大幅削減をサポートするJava対応テスト自動化ツール。静的解析機能では、さまざまなカテゴリに分類された1000個以上のコーディングルールを備えており、それらのルールに基づく解析によって、プログラムに潜む問題の未然防止や保守性の向上が期待できる。

 さらに、特定の処理フローに潜む例外やリソースリーク、セキュリティ脆弱性の可能性など、コードレビューでは検出が難しい致命的な問題を、クラスを横断した解析を通じて検出可能な「フロー解析」や、Junitで利用できるテストテンプレートの生成やモックの作成、テスト実行の効率化によって、単体テストの工数を削減可能な「単体テストアシスタント」機能も搭載している。

 今回発売された「Jtest10.4.0」では、いくつかの静的解析ルールが追加、改善された。とりわけソースコードのセキュリティでは、3つのフロー解析ルールや「OWASP TOP 10」の最新版である2017用の解析ルールセットも追加されている。

 「単体テストアシスタント」の「パラメータライズドテスト」では、CSVファイルからテストケースをインポートする機能がサポートされ、テストケースを外部ファイルとして保存できる。また、テスト対象のメソッドを解析し、モック化可能な箇所を検知し、自動的にモックを生成する機能も搭載された。

「単体テストアシスタント」のおもな機能
「単体テストアシスタント」のおもな機能

 さらに、「単体テストアシスタント」の機能を拡張する有償オプションとして、「Spring単体テスト作成」「変更ベースのテスト」「単体テスト一括作成」が追加されたほか、レポーティングツール「Parasoft DTP」にベースラインとして指定した任意の時点と最新との間のソースコードおよび解析結果の差分を確認する機能が追加されている。

 対応IDEは、Eclipse 4.2~4.7、IntelliJ 2017~2018.1、NetBeans 8.1~8.2。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5