Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

楽天、「楽天テクノロジー & イノベーションアワード2018」の受賞者を決定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/16 16:15

 楽天は、「楽天テクノロジー & イノベーションアワード2018」の受賞者を10月15日に決定した。受賞者は、10月27日に開催される「楽天テクノロジーカンファレンス2018」内で表彰される。

 「楽天テクノロジー & イノベーションアワード」は、先進的なイノベーションによって社会の変革に寄与した個人・団体・製品を表彰するもので、今回で11回目となる。

 「楽天テクノロジー & イノベーションアワード2018」におけるテーマは「Rakuten TECH × Startup TECH」で、独自の視点からさまざまなイノベーションを起こすスタートアップ企業や個人、団体を、表彰を通じて応援する。

 「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」という同社のミッションと価値観を共有する、際立った活動をした個人、団体、企業を表彰する楽天エンパワーメント賞には、カンボジアにおいて職業訓練大学であるキリロム工科大学を設立し、日本のIT企業のプロジェクトを通してカンボジアの学生たちにキャリア向上の機会を提供してきた、同大学の学長である猪塚武氏が選ばれた。

 最先端のテクノロジーを開発、あるいは既存のテクノロジーを高度に活用し、これまでにない社会的成果を創出した個人、団体、企業を表彰するテクノロジー賞には、医療の重要な分野においてVRテクノロジーを使った「HoloEyes VR」を世に送り出したHoloEyesが選ばれている。

 革新的な技術やビジネスを生み出し、社会に対して広く変革をもたらした個人、団体、企業を表彰するイノベーション賞に選ばれたのは、日本におけるレストランの食料廃棄問題を解決するサービスである、コークッキングの「TABETE.ME」。

 高いビジネスポテンシャルと志を有し、今後著しい成長が期待されるベストスタートアップ企業を表彰するスタートアップ賞には、銀行口座を開設できない貧困層の方向けに少額融資、デジタルウォレット支払い、分割払い融資などの金融サービスを提供しているAND Globalが選ばれた。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5