CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Web職人のためのPHPフレームワーク「Laravel」をマスターしよう!~HelloWorldを表示させる

人気のPHPフレームワークLaravelを習得しよう 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/03 14:00

目次

Laravel動作環境の構築

 概要はこれくらいにして、実際にLaravelを使っていきましょう。そのためには、まずLaravelが動作する環境を作る必要があります。LaravelはPHPフレームワークですので、まずはPHPが動作する環境が必要です。

 とはいえ、本連載の読者はすでになんらかのPHP開発を経験している人が多いと思いますので、その環境を利用してもかまいません。ただ、連載としてはXAMPPの利用を前提で解説していきます。まだ、PHPの動作環境がない人は、連載に合わせてXAMPPを用意してください。XAMPPとは何か、XAMPPのインストールの方法については、こちらの解説を参照してください。

 PHPの動作環境(XAMPP)が用意できたら、次に必要なのはComposerです。LaravelはComposerの利用を前提としています。Composerが何か、そのインストールの方法に関しても、こちらの解説を参照してください。

初めてのLaravelアプリ

 いよいよ、初めてのLaravelアプリを作成します。

アプリのひな型作成

 LaravelはComposerのコマンドを利用してアプリのひな型(プロジェクト)を作成することから始めます。ここでは、XAMPPのドキュメントルート直下に「firstlaravel」というアプリを作成しましょう。コマンドを利用するので、Windowsならばコマンドプロンプト、macOSならばターミナルを起動し、XAMPPのドキュメントルートまで移動してください。その上で、以下のコマンドを実行してください。

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel firstlaravel

 すると、さまざまなライブラリをダウンロードし始めます。途中経過は随時コマンドプロンプト、あるいは、ターミナル上に表示されます。最終的にエラー表示などもなく、以下のメッセージが表示されればプロジェクト作成が成功しています。

Application key set successfully.

 ここで、少しコマンドの意味を解説しておきましょう。まず、以下がcomposerを使ってプロジェクトを作成するコマンドです。

[構文]Composerによるプロジェクト作成
composer create-project ベンダー/パッケージ 対象ディレクトリ

 ここでは、laravelベンダーのlaravelパッケージでfirstlaravelディレクトリにプロジェクトを作成するので、

composer create-project laravel/laravel firstlaravel

 となります。この間に挿入されている

--prefer-dist

 は、常にdistでパッケージをダウンロードするオプションです。対象のパッケージがGitHubなどで管理されている場合、gitのclone方式でソースコードをダウンロードするか、zip方式でダウンロードするかの2種の方法があります。このうち、zip方式でダウンロードすることをdistと言います。もし、clone方式でソースコードをダウンロードする場合は

--prefer-source

 オプションを指定します。この場合、ダウンロードしたパッケージはgitで管理できるようになります。

動作確認

 プロジェクトの作成が成功していれば、Apacheを起動し、以下のURLにアクセスしてください。

 このURLの意味は後ほど解説します。図3の画面が表示されれば成功です。

図3: LaravelのWelcome画面
図3: LaravelのWelcome画面

macOSでのアクセス権限の変更

 Windowsの場合は特に問題なく図3の画面が表示されます。ただ、Macの場合は図4のようなエラー画面が表示されます。

図4: エラーが表示された画面
図4: エラーが表示された画面

 これは、作成されたLaravelプロジェクト内の以下のディレクトリへのアクセス権限が不足しているために起こります(Windowsの場合はディレクトリ権限がそこまで厳しくないために表示されています)。

  • storage
  • bootstrap/cache

 これらのディレクトリのアクセス権限を変更しましょう。firstlaravelディレクトリ内に移動し、まずstorageから権限を変更します。storageは配下のフォルダも含めてアクセス権限を変更します。以下のコマンドを実行してください。

chmod -R 777 storage/

 次に、bootstrap/cacheです。これは、このcacheディレクトリのみを変更しますので、以下のコマンドを実行してください。

chmod 777 bootstrap/cache/

 これで、再度上記URLにアクセスしてください。Macでも無事図3の画面が表示されます。

[Note]Laravelのエラー表示

 図4を見てもわかるように、LaravelではPHPのエラー自体も非常にカラフルでわかりやすい形式で表示されてくれます。これを頼りにデバッグしていけるようになっています。まさに、コードが書きやすいフレームワークです。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:人気のPHPフレームワークLaravelを習得しよう

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 齊藤 新三(サイトウ シンゾウ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きた...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5