Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

エクセルソフト、ArmアーキテクチャベースのSoC向け組み込みソフトウェア開発のためのツールスイート「Arm Development Studio」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/18 16:35

 エクセルソフトは、英Armが提供する、ArmアーキテクチャベースのSoC向け組み込みソフトウェア開発のためのツールスイート「Arm Development Studio」を、12月18日に発売した。価格は要問い合わせ。

 「Arm Development Studio」は、マイクロコントローラーやカスタマイズのマルチコアプロセッサなど、ArcアーキテクチャベースのさまざまなSoC向けに、C/C++による組み込みソフトウェア開発環境を提供する。

 開発環境には、「Arm Keil μVision IDE」および「Eclipse IDE」に統合されたArm C/C++コンパイラとデバッガ、パフォーマンスアナライザ、シミュレーションモデルなどが収録されており、開発のニーズに合わせて「Bronze Edition」「Silver Edition」「Gold Edition」を用意している。

 「Bronze Edition」は、すべてのArm Cortex-Mをターゲットにしたプロジェクトに必要なツールを提供する基本エディション。Arm v7以前のアーキテクチャのCortex-AおよびCortex-R向けのデバッグとパフォーマンス解析もサポートしている。

 「Silver Edition」は、すべてのCortex-MファミリーおよびArm v7以前のアーキテクチャのArmプロセッサ向けに、Arm C/C++コンパイラ、デバッガ、パフォーマンスアナライザ、シミュレーションモデルなど、すべてのツールを提供する。また、Arm v8アーキテクチャのCortex-AまたはCortex-R向けデバッグとパフォーマンス解析もサポートしている。

 「Gold Edition」は、「Silver Edition」に含まれるすべての機能に加えて、Armの最新アーキテクチャであるArm v8や開発中のプロセッサを含む、すべてのArmプロセッサおよびアーキテクチャをサポートした最上位エディション。

 「Gold Edition」を利用することで、Arm C/C++コンパイラでArm v8ベースのCortex-AまたはCortex-Rプロセッサ向けにコードをビルドでき、バイナリコードサイズの削減やパフォーマンスの最適化が図れる。また、Armが新機能を発表した際に、いち早く機能を検証し、製品の設計に反映させられる。

 「Arm Development Studio」のライセンスは購入から1年間のみ使用可能で、1年間のサポートが含まれる年間ライセンスで、「ノードブロックライセンス」と「フローティングライセンス」を用意している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5