Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

WordPressなどのCMSを高速化する実行環境「KUSANAGI」、Docker対応版を正式提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/08 11:15

 プライム・ストラテジーは、Dockerに対応したCMS実行環境「KUSANAGI Runs on Docker」正規版の提供を、8月8日に開始した。

 「KUSANAGI Runs on Docker」は、超高速CMS実行環境「KUSANAGI」をDocker上で利用することで、WordPressなどのCMSを高速・セキュアに動作させることができる。

 WordPressだけでなく、concrete5、Drupal 7/8、LAMP、LEMP環境としても利用可能で、動作環境としてはnginx、Apache、php7、MariaDBに対応している。推奨OSは、CentOS7、Ubuntu18.04、Windows 10(WSL+Docker Desktop for Windows)、macOS(Docker Desktop for Mac)。

 なお、使用するdocker-compose.ymlファイル、データベースのデータベース名、ユーザー名、パスワード情報などを自動生成できるほか、データベースの内容および生成したコンテンツのバックアップ・リストアが可能になっている。また、「KUSANAGI Runs on Docker」向けのDockerイメージは、米Dockerが提供しているコンテナ共有サービス「Docker Hub」からダウンロードできる。

 「KUSANAGI Runs on Docker」の利用によって、Windows(WSL)、Mac、Linuxでの共通のオプションによる稼働が可能になるとともに、Docker-machineによるリモート操作、環境変数によるPHPのチューニング、外部データベースの利用ができるようになるほか、「KUSANAGI」とほぼ同じミドルウェアに対応するといったメリットがある。

「KUSANAGI Runs on Docker」の構成および実行環境における処理の流れ

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5