Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ヌーラボ、ビジネスチャットツール「Typetalk」iOS版に4機能を追加、プッシュ通知からのメッセージ送信などが可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/21 14:20

 ヌーラボは、同社が提供するビジネスチャットツール「Typetalk(タイプトーク)」において、iOSのバージョン 4.6.7より、プッシュ通知からのメッセージ送信やメッセージの引用返信に対応可能な4つの機能を追加したことを、2月20日に発表した。

 今回の機能追加により、ユーザーはより少ない動作でのメッセージの送受信や、情報共有のスピードアップが可能となった。具体的な新機能の詳細は以下の通り。

アプリの起動不要、プッシュ通知から「いいね」や返信が可能に

 「Typetalk」から受け取ったプッシュ通知を長押しすることで、アプリを起動せずに直接いいねや返信ができるようになった。少ない動作で素早くレスポンスできるため、社内でのコミュニケーションスピードの向上を図ることが可能。

ワンクリックで引用返信が可能に

 メッセージ本文を長押しすると表示される「引用」をワンクリックすると、相手のメッセージを引用して返信できるようになった。引用返信には、引用記法の「>」が付いた状態でメッセージが作成されるため、どのメッセージに対する返信なのかが把握しやすくなる。

 また、他のアプリやメモ帳などから文章を貼り付ける際も、「引用して貼り付け」を選択でき、メッセージ入力欄を長押しすることで利用が可能。

高画質な画像のアップロードにも対応

 これまで「Typetalk」のアプリからアップロードされた画像は、スマートフォンから利用した際のパケット消費を抑えるために自動で圧縮されていたが、高画質な画像のアップロードが可能となった。

 アップロード方法は、アプリケーション設定から自由に変更でき、「常にオリジナル」「Wi-Fiではオリジナル/モバイルデータ通信ではリサイズ」「常にリサイズ」の3つから選択できる。「常にオリジナル」を選択すると、高画質のまま画像をアップロードできるため、スマートフォンで撮影された資料などの文字も見やすくなる。

メッセージの本文やトピックをURLで共有可能に

 「Typetalk」で送信される一つひとつのメッセージには、固有のURLが割り当てられており、話題ごとに作成されるトピックやまとめ機能を使ってタグ付けされたメッセージにも固有のURLが存在する。それらは、メッセージを長押しすることで表示されるメニューから共有できるようになった。なお、共有が可能なのは「まとめのURL」「トピックのURL」「メッセージの本文」「メッセージのURL」。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5