CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PythonとRaspberry PiでIoTをやってみる 『Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書』発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/11 07:00

 ソフトウェアを始めさまざまなプロダクトがサービスとして提供され始めている今、IoTは次世代のテクノロジーや新しいビジネスモデルの源泉として注目されています。その基本的な仕組みは難しくなく、どんなことができるのかを知りたいならPythonとRaspberry Piがあれば事足ります。これらを用いてIoTシステムを試作してみたい方のために、翔泳社では『Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書』を3月11日(水)に発売しました。

Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書』は、注目の高まるIoTのシステムをしっかり理解し、まずは何かプロダクトを作ってみたい方のための入門書です。

 本書ではコードの解説にPythonを用い、制御用のコンピューターにはセンサーなどのデバイスを接続するのが容易なRaspberry Piを利用します。IoTシステムで最も重要な要素は外部の情報を取得するセンサーですので、最初にセンサーによるデータ取得と、そのデータを保存するクラウドストレージとの連携について解説しています。

 その後、スマホからRaspberry Piを通してモーターを遠隔操作する方法や、AIと連携させた不審者検知用の監視カメラの開発手順を紹介。プログラミングだけでなく簡単な電子工作も必要ですが、実際にIoTのプロダクトを開発するうえではハードウェアへの理解も欠かせません。

 今後IoTが社会を変えるとまで言われることもありますが、まずは自分の手でIoTの基本を掴んでおきたい方に本書をおすすめします。

目次

第1章 IoTの概要
第2章 IoTの仕組み
第3章 Raspberry Piのセットアップと基本操作
第4章 センサーによるデータの取得
第5章 クラウドストレージにデータを保存
第6章 IoTとデータの可視化
第7章 IoTとアクチュエーターの遠隔操作
第8章 IoTとAI
第9章 IoTとセキュリティ
付録1 IoT関連のTIPS
付録2 Azure Machine Learningを利用した人工知能の作り方
付録3 Python の基礎

Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書

Amazon SEshop その他


Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書

著者:株式会社VOST
発売日:2020年3月11日(水)
価格:2,800円+税

本書について

本書は技術者向けのIoTセミナーで定評のあるVOSTの大人気IoT講座をもとにした書籍です。具体的には、センサーから集めたデータをもとに、Pythonを利用して、データの扱い方(データ収集)、AIとの連携(データ分析)、さらにセキュリティについて、サンプルを動かしながら学べる書籍です。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

バックナンバー

連載:翔泳社 新刊紹介

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5