CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

品質のアジャイルなあり方:「QAを含むOneチーム」「品質スプリント」「プロダクト品質チャンピオン」

QA to AQ 第2回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/11 11:00

 本連載では、アジャイル開発において効率的かつ効果的に品質保証を進めるために有用な実証済みのパターン集『Quality Assurance to Agile Quality』(以下、QA2AQ)の和訳を、関連するいくつかのまとまりに分けて提供することで、アジャイル開発における品質保証の実践をお手伝いします。2回目となる今回は、アジャイルプロセスにおける品質保証のあり方や役割のパターンをまとめた、分類「品質のアジャイルなあり方」から三つのパターン「QAを含むOneチーム(Whole Team)」 「品質スプリント(Quality Focused Sprints)」 および「プロダクト品質チャンピオン(QA Product Champion)」の和訳を提供します。

目次
表1 QA2AQにおける分類とパターン
分類 概要 パターン名
中核 他のパターンを用いるうえでの基礎となるパターン
  • アジャイル品質プロセス [1](第1回)
  • 障壁の解体 [3](第1回)
品質のアジャイルなあり方 アジャイルプロセスにおける品質保証のあり方や役割のパターン
  • QAを含むOneチーム [1](今回)
  • 品質スプリント [1](今回)
  • プロダクト品質チャンピオン [5](今回)
  • アジャイル品質スペシャリスト [6]
  • 品質チェックリスト [5]
  • 品質作業の分散 [6]
  • 品質エキスパートをシャドーイング [5]
  • QAリーダーとペアリング [3]
  • できるだけ自動化 [6]
品質の特定 重要な品質を特定するためのパターン
  • 重要な品質の発見 [2]
  • 品質シナリオ [1]
  • 品質ストーリー [1]
  • 測定可能なシステム品質 [2]
  • 品質の折り込み [1]
  • 着陸ゾーン [2]
  • 着陸ゾーンの再調整 [2]
  • 着陸ゾーンの合意 [2]
品質の可視化 重要な品質を可視化しチームメンバーに気付かせるパターン
  • システム品質ダッシュボード [2]
  • システム品質アンドン [4]
  • 品質ロードマップ [4]
  • 品質バックログ [4]

QAを含むOneチーム

  • パターン:QAを含むOneチーム (原題 Whole Team, 原著 Joseph Yoder, Rebecca Wirfs-Brock, Ademar Aguilar)[1]

「チームワークによって夢を実現する」――Bang Gae

「チーム全体のプレー方法が成功を決定付ける」――Babe Ruth

 昔からQA担当者は開発グループとは別のグループに属していることが多いのですが、一般的に、ほとんどの組織のQA担当者はビジネスの利害関係者に十分にアクセスできていません。結果として、概してQA担当者は多くの文書を作成し、詳細な仕様書に基づいてテスト内容の明細を記述することを好むようになります。しかしながらQA担当者の作成した文書は、品質に一貫性がなかったり、内容が古かったりすることがあります。またテストには多大な労力がかかるため、昔からQA担当者は、再テストと再作業を最小限に抑えるために、システムが完成してからテストすることを好んでいました。また、通常、QA担当者はプロセスの後半まで関与しないため、市場投入までの時間遵守への圧力の下で、品質に関して妥協してしまう可能性があります。

 QA担当者が開発チームの一部ではない場合には、多くの問題が発生する可能性があります(「我々」対「彼ら」シンドロームの発生)。QA担当者をアジャイルチームに組み込むにはどうすればよいのでしょうか?

***

 システム品質に偏りがないようにすることは非常に重要です。

 多くの場合、QAに専念するリソースや人々は限られています。

 QA担当者は、品質を理解し、問題をテストする多くの経験を持っています。

 QA担当者は、チームを支援するのではなく、欠陥を見つけようとしているだけの敵と見なされる可能性があります。

 QA担当者の専門知識と考え方がソフトウェアプロセスの後期まで利用されないことは、チームにとって大きな損失です。

***

 したがって、アジャイル品質チームでは、最初からQA担当者をアジャイルチームの一部として含めることが重要です。

 最初からアジャイルチームの一部として含まれている場合には、QA担当者は、アジャイルチームの全員が要件を理解して検証することを支援できます。QA担当者は完成(Done)の定義付けも支援できるようになり、考慮すべき品質属性とそれらにいつ対処すべきかをプロダクトオーナーが理解できるように手助けすることが可能になります。

 QA担当者の役割は、別のチームの部外者から、一体となった「アジャイルチーム」の一員へとシフトします。この「外部」から「チームメンバー」へのシフトにより、品質に関するチーム全体の知識が向上します。QA担当者が最初からチームの一員であると、多くの価値が生み出されます。QA担当者は、開発プロセス全体を通してシステムに品質を組み込む上で役立ちます。QA担当者は、最初からチームに参加し、重要な品質特性を可視化することにより、開発プロセスのどのタイミングで特定のシステム品質特性にとりかかるのが最適か(異なる品質特性に対していつ何を行うべきか)を判断する手助けをします。

 QA担当者をアジャイルチームと一体化するためによく使われる方法は、QA担当者をチームに割り当てることです。割り当てられたQA担当者は、デイリースタンドアップに参加し、プロダクトオーナーと会い、テストの作業でチームをサポートし、重要な品質の特定と品質ロードマップの作成を支援します。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 鷲崎 弘宜(ワシザキ ヒロノリ)

     早稲田大学 研究推進部 副部長・グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授。国立情報学研究所 客員教授。株式会社システム情報 取締役(監査等委員)。株式会社エクスモーション 社外取締役。ガイオ・テクノロジー株式会社 技術アドバイザ。ビジネスと社会のためのソフトウェアエンジニアリングの研...

  • 長谷川 裕一(ハセガワ ユウイチ)

     合同会社Starlight&Storm 代表社員。日本Springユーザ会会長。株式会社フルネス社外取締役。  1986年、イリノイ州警察指紋システムのアセンブリ言語プログラマからスタートして、PL,PMと経験し、アーキテクト、コンサルタントへ。現在はオブジェクト指向やアジャイルを中心に...

  • 濱井 和夫(ハマイ カズオ)

     NTTコムウェア株式会社 技術企画部プロジェクトマネジメント部門、エンタープライズビジネス事業本部事業企画部PJ支援部門 兼務 担当部長、アセッサー。PMOとしてプロジェクトの適正運営支援、及びPM育成に従事。  IIBA日本支部 教育担当理事。BABOKガイド アジャイル拡張版v2翻訳メンバー...

  • 小林 浩(コバヤシ ヒロシ)

     株式会社システム情報 フェロー CMMコンサルティング室 室長。CMMI高成熟度リードアプレイザー(開発,サービス,供給者管理)。AgileCxO認定APH(Agile Performance Holarchy)コーチ・アセッサー・インストラクター。Scrum Alliance認定ScrumMas...

  • 長田 武徳(オサダ タケノリ)

     株式会社エヌ・ティ・ティ・データ シニアITアーキテクト。ITサービス・ペイメント事業本部所属。2006年入社以来、決済領域における各種プロジェクトを担当後、2018年よりプロダクトオーナ・製品マネージャとしてアジャイル開発を用いたプロジェクトを推進。現在は、アジャイル開発におけるQAプロセスの確...

  • 田村 英雅(タムラ ヒデノリ)

     合同会社 GuildHub 代表社員。日本 Spring ユーザー会スタッフ。大学で機械工学科を専攻。2001 年から多くのシステム開発プロジェクトに従事。現在では主に Java(特に Spring Framework を得意とする)を使用したシステムのアーキテクトとして活動している。英語を用いた...

  • 陳 凌峰(チン リョウホウ)

     フリーランサー。2003年に上海交通大学(ソフトウエア専門)を卒業後、2006年から日本でシステム開発作業に従事。技術好奇心旺盛、目標は世界で戦えるフルスタックエンジニア。現在はマイクロサービスを中心にアジャイル 、DevOpsを展開中。

バックナンバー

連載:QA to AQ:アジャイル品質パターンによる、伝統的な品質保証からアジャイル品質への変革
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5