CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【DioDocs帳票生成ハンズオン】強力な新機能「テンプレート構文」を使ってみる

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

条件付き書式の利用

 さて、これが最後になります。

 帳票を表示するにあたって、偶数行と奇数行で背景色を変えたいという要望は、よくあるかと思います。

 実現方法はいくつかありますが、今回は条件付き書式を利用します。

 では、Excelテンプレートを開いてください。

セル「A13~F13」を選択し、「条件付き書式」の「新しいルール」を選択
セル「A13~F13」を選択し、「条件付き書式」の「新しいルール」を選択

 セル「A13~F13」を選択し、「条件付き書式」の「新しいルール」を選択してください。

「新しい書式ルール」の設定
「新しい書式ルール」の設定

 続いて「新しい書式ルール」ウィンドウで、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択し、数式に以下を入力した上で「書式」を選択してください。

=MOD($A13,2)=1
背景色を選択
背景色を選択

 開かれたウィンドウで、「塗りつぶし」タブを開き、適当な背景色を選択した上で、「OK」を押します。

 ではExcelを保存して実行してみましょう。次のように行ごとに背景色の異なる表が出力されたはずです。

背景色の異なる表が出力
背景色の異なる表が出力

 これで本ハンズオンの課題は、すべて終了となります。

まとめ

 本ハンズオンでは以下の内容を取り扱いました。

  1. ExcelからPDFを生成する基本的な利用方法
  2. 3種類のデータソースの利用方法
    1. 変数
    2. カスタムオブジェクト
    3. データセット・データテーブル
  3. 代表的なテンプレート構文の利用方法
    1. データテンプレート
    2. 式テンプレート
    3. 関数テンプレート
    4. フォーミュラ
    5. ワークシートテンプレート
  4. グローバルオプションの利用方法
    1. 挿入モード
    2. セルサイズの維持

 本ハンズオンを通して、Excelをテンプレートに利用したPDF帳票の生成について、大筋を理解いただけたのではないでしょうか。帳票レイアウトの設計をExcelで利用できることから、恐らく .NETで利用できる帳票ライブラリのうち、もっとも扱いやすいライブラリの1つだと思います。

 試用ライセンスであれば申請不要でいますぐ試すことができます。ぜひこの機会に触れてみてはいかがでしょうか?



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:クラウド時代にマッチする、ドキュメント生成・更新APIライブラリ「DioDocs(ディオドック)」
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5