CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Red Hat、「Red Hat Runtimes」を通じて「Quarkus」のサポートを提供

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/01 18:05

 米Red Hatは、「Red Hat Runtimes」にフレームワーク「Quarkus」を追加し、サポートを提供することを5月27日(現地時間)に発表した。

 「Quarkus」は、フルスタックのKubernetesネイティブJavaフレームワークで、Javaのフレームワークやライブラリをそのまま使用できるため、新たなAPIやプログラミング言語を習得する必要がない。ライブコーディングをはじめとした迅速な開発を支援する、さまざまな機能を備えており、コードの変更は実行中のアプリに自動的かつ即座に反映される。

 最新のKubernetesネイティブ開発スタックに準拠しており、ビジネスソリューションの市場投入までの期間を短縮できる。また、メモリ消費が少なく起動時間が短いほか、スケーラビリティに優れる。

 拡張ライブラリには、RESTEasy、Hibernate、Eclipse MicroProfileなど、クラウドネイティブのフレームワークとツールが多数含まれるほか、Red Hat AMQ Streams、Red Hat AMQ Broker、Red Hat FuseなどRed Hatのクラウドサービスも含まれている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5