CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

17日から開催の「de:code 2020」、Azure上で動作するバーチャルイベントプラットフォームを採用

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/17 14:00

 日本マイクロソフトが6月17日から開催するデジタルイベント「de:code 2020」において、FIXERのプラットフォームサービス「cloud.config Virtual Event Service(ccVES)」が使用される。

「cloud.config Virtual Event Service」上での「de:code 2020」開催イメージ
「cloud.config Virtual Event Service」上での「de:code 2020」開催イメージ

 「ccVES」は、FIXERが6月17日にローンチした、クラウド上でバーチャルイベントを開催するプラットフォームサービス。

 「ccVES」上のバーチャルイベントでは、来場者は3Dモデルのアバターとしてセッションルームでの講演に参加したり、スポンサーブースで製品やサービスの紹介を受けたりできる。また、来場者・出展者間のコミュニケーション手段として、アンケートやMicrosoft Teamsを利用した商談機能を備える。

 さらに、企業PCからの利用を想定して、3D表示非対応のWebブラウザからは、Webサイトベースの「Simple View」としてイベントの表示が可能になっており、高負荷に対応するスケーリングや、冗長化による可用性の確保といった、B2Bプラットフォームに不可欠な要件も備えている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5