CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、「Microsoft Defender ATP for Linux」の一般提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/25 18:10

 米Microsoftは、Linux向けセキュリティソリューション「Microsoft Defender ATP for Linux」の一般提供を、6月23日(現地時間)に開始した。

 「Microsoft Defender ATP for Linux」は、Windows向けに提供している「Microsoft Defender ATP(Advanced Threat Protection)」のLinux対応版で、今回のLinuxへの対応によって、「Microsoft Defender Security Center」がWindows、Windows Server、macOS、Linuxのセキュリティ監視および管理に対応したことになる。

 「Microsoft Defender ATP for Linux」の対応ディストリビューションは、Red Hat Enterprise Linux 7.2以降、CentOS 7.2以降、Ubuntu 16 LTS以降のLTS、SLES 12以降、Debian 9以降、Oracle Linux 7.2以降で、Puppet、Ansible、または既存のLinux構成管理ツールを使用してデプロイおよび構成できる。

 今回のリリースでは、予防機能、エージェントの構成と管理、スキャンの開始、脅威の管理をクライアントで実行可能なコマンドライン機能を提供し、「Microsoft Defender Security Center」でのアラート監視が可能になる。

 なお、「Microsoft Defender ATP for Linux」の利用にあたっては、「Microsoft Defender ATP for Servers」のライセンスが必要になる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5