CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

テックカンファレンス「BIT VALLEY 2020」、青山学院が協力し初の産官学連携で7月22日~9月12日に開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/09 13:20

 ディー・エヌ・エー、サイバーエージェント、GMOインターネット、ミクシィはカンファレンスイベント「BIT VALLEY 2020(ビットバレー2020)」を、7月22日~9月12日にわたってオンラインで開催する。

 「BIT VALLEY 2020」は3回目の開催であり、本年度は「次世代オンライン会議~次の時代を切り拓くテクノロジーの祭典~」をテーマとして掲げている。今回は、昨年に引き続き「BIT VALLEY」プロジェクトの取り組みに賛同した東京都と渋谷区による後援と、東急に加え、新たに青山学院の特別協力のもと初の産官学連携で開催される。

 「BIT VALLEY 2020」では、学生や若手エンジニアをはじめ、さまざまな業界や職種における次世代を担う人に向けたコンテンツが提供される。立場の異なる参加者がそれぞれの視点で次の時代について考える場として、日本の未来を切り開くイノベーションが生まれるきっかけとなることを目指す。

 開催スケジュールは、まずキックオフイベントとして、「BIT VALLEY 2020」を共催する4社のCTOによるスペシャルセッション「ニューノーマル~コロナ禍を機に起きた変化と未来の私たち~」が7月22日に開催される。8月5日と8月19日には、開発の第一線で活躍する若手エンジニアや開発チームのマネジメント・リーダーによるトークセッションなどのプレイベントが行われる。

 さらに、9月9日~9月12日までの4日間は「BIT VALLEY WEEK」として、毎日スピーカーセッションが生配信されるほか、視聴者がオンラインでも活発に意見交換や交流できるように参加型のワークショップも実施される。なお、全てのコンテンツへの参加費は無料。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5