CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、カラーバーコード技術を国際機関にライセンス供与

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/04/18 11:27

Microsoftの供与したカラーバーコードを使うと、わずかな面積で大量の情報を持たせることができる。

 Microsoftは、国際標準視聴覚資料番号機構(International Standard Audiovisual Number International Agency、ISAN-IA)に対し、Microsoftが開発したマルチカラーバーコード技術「High Capacity Color Barcode(HCCB)」をライセンス供与すると発表した。

 HCCBは、通常の白黒バーコードに「色」の概念を加えることで、より多くの情報を持たせることができる。バーコードはWebカメラや、カメラつき携帯などで読み込むことが可能。日本で普及しているQRコードは、一定の面積を必要とするが、面積あたりの情報量が大きいHCCBを使えば、狭い面積に同等の情報を格納することができる。

 今後HCCBは、2007年末頃よりDVDなどのラベルに印刷され、偽造対策や市場分析などに役立てられるという。

プレスリリース:International Organization Licenses Microsoft’s New Multicolor Bar Code Technology for Identifying Audiovisual Works
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5