CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「New Relic One」が製品・価格体系を変更し、全機能が利用可能な無料ライセンスの提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/26 08:00

 New Relicは、オブザーバビリティプラットフォーム「New Relic One」の製品体系、価格体系の変更を行ったことを、8月24日に発表した。

 今回の製品体系の変更では、これまで複数の製品に分かれていた「New Relic One」を、ペタバイト規模であらゆるタイプのアプリケーションやインフラのデータを収集、可視化、アラートするためのプラットフォーム機能で、すべての運用データの単一ソースとなるよう設計された「Telemetry Data Platform」、APM、インフラストラクチャ、ログ、デジタルカスタマーエクスペリエンスを横断したソフトウェア・スタック全体の分析やトラブルシューティングを、1つのコネクテッド・エクスペリエンスで簡単に行える「Full-Stack Observability」、インシデントを迅速に検出、理解、解決するためのAIOpsである「Applied Intelligence」の、3つの主要プラットフォームに統合した。

 価格体系の変更では、新たに無料ライセンスの提供を開始している。無料ライセンスは、以下の条件に収まる限り、「New Relic One」の全機能を利用できる。

  • Applied Intelligence - Incident Intelligence:毎月1000件のインシデントイベントまで
  • Applied Intelligence - Proactive Detection:毎月1億件のアプリトランザクションまで
  • Full-Stack Observability:フルアクセスのユーザーライセンス1つまで
  • Telemetry Data Platform:毎月100GBのデータ取り込みまで

これらの条件を超えた場合は、ニーズに合わせた有償プランへのアップグレードが可能になっている。

 無料ライセンスの適用条件を超過した場合の料金設定は、「Telemetry Data Platform」では1GBあたり0.25ドル、「Full-Stack Observability」ではシートライセンスごとの課金、「Applied Intelligence」ではトランザクションまたはイベントごとの課金となる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5