CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースのカオステストツール「Chaos Mesh 1.0」、一般提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/06 08:00

 米PingCAPは、「Chaos Mesh 1.0」の一般提供を9月25日(現地時間)に開始した。

 Chaos Meshは、分散データベースTiDBのテストフレームワークを発祥とし、ポッド、ネットワーク、システムI/O、カーネルをカバーする包括的で、きめ細かい障害タイプを提供する。

 「Chaos Mesh 1.0」では、障害タイプとしてクロックスキュー、コンテナのkill、ファイル例外、ファイルシステムのI/Oエラー、ファイルシステムのI/Oレイテンシ、カーネル障害、メモリプレッシャー、ネットワークパケットの破損、ネットワークパケットの複製、ネットワーク遅延、ネットワーク損失、ネットワークパーティション、Kubernetesポッドが継続的に利用できない状態、Kubernetesポッドのkillのシミュレーションが可能になっている。

 ダッシュボードでは、簡単な操作でカオステストの範囲や使用する障害タイプ、スケジューリングのルールを定義でき、テスト結果の確認も行える。

 ほかにも、アプリケーションの監視パネルにリアルタイムのカオステスト結果を直接表示可能なGrafanaプラグイン、保護された名前空間の設定による重要なアプリケーションの保護などに対応している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5