CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Amazon Kinesis Data Analytics、強制停止と自動スケーリングステータスをサポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/12 15:00

 米Amazon Web Servicesは、Apache Flinkでストリーミングデータをリアルタイムで変換および分析できる「Amazon Kinesis Data Analytics」において、実行中のアプリケーションを強制停止して、そのステータスを「Ready」にリセットして、アプリケーションをより細かく制御可能になるとともに、アプリケーションがスケールアップまたはスケールダウンしているかどうかを確認できるようになったことを、10月8日(現地時間)に発表した。

 Amazon Kinesis Data Analyticsでは、設定ミスによってアプリケーションが応答しなくなった場合、アプリケーションを強制的に停止するか、StopApplication APIで強制フラグを設定するかを選べるようになっている。強制停止では、アプリケーションの状態を保存するなど追加のアクションを実行せず、データ処理を停止してアプリケーションを「Ready」ステータスに移動する。

 また、新しい自動スケーリングアプリケーションのステータスによって、アプリケーションで自動スケーリングが有効になっている場合に、アプリケーションがいつスケールアップまたはスケールダウンされているかを、より明確に把握できるようになった。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5