CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Docker、非認証&無料ユーザーのプル回数を制限、条件を満たすOSSプロジェクトは制限の適用外に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/06 09:00

 米Dockerは、8月に作成を発表した新たなポリシーに基づく、ユーザーへの制限を11月2日(現地時間)から徐々に施行している。

 新ポリシーは、イメージの保持とデータのプル率に関するもので、イメージ保持に関するポリシーはユーザーからのフィードバックを受けて2021年半ばまで延期したが、プルに関する制限は今後数週間で完全に適用される。

 最終的には、認証されていないユーザーは6時間ごとに100回まで、認証された無料ユーザーは6時間ごとに200回まで、プルの回数が制限される。

 なお、オープンソースプロジェクトに対しては、特別なプログラムを作成しており、承認された非商用オープンソースプロジェクトからのプルには、制限を適用しない。

 制限対象外となるオープンソースプロジェクトは、公的かつ非営利的であり、オープンソースイニシアチブ(OSI)の定義(無料配布、ソースコード、派生作品、ソースコードの整合性、ライセンス、差別を許容しないことに関する定義を含む)を満たすとともに、OSI承認のオープンソースライセンスのもとでイメージを配布し、アプリケーションの実行に使用されるDockerイメージを生成することが条件となる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5