CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

.NETアプリケーションのセルにボタン・スライダーを使って値を入力する

SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Editionコンポーネントの便利なテクニック

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/05/16 08:00
目次

コードからセル型を設定する

 セルのタイプを変更する操作は、SPREADデザイナを使って行うことができますが、このプログラムではコードからセル型を変更し作成するようにします。

SPREADデザイナでセル型を変更できる
SPREADデザイナでセル型を変更できる

セルの文字列の位置の調整

 最初に、データを表示するセルの文字位置がセルの中心に来るようにします。

 これは、CellオブジェクトのHorizontalAlignmenプロパティとVerticalAlignmentプロパティを使用します。設定値は、それぞれ「CellHorizontalAlignment列挙型」と「CellHorizontalAlignment列挙型」のメンバです。

Visual Basic
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, _
                      ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Me.FpSpread1.ActiveSheet.Cells(0, 2).HorizontalAlignment = _
      FarPoint.Win.Spread.CellHorizontalAlignment.Center
    Me.FpSpread1.ActiveSheet.Cells(0, 2).VerticalAlignment = _
      FarPoint.Win.Spread.CellVerticalAlignment.Center

    Me.FpSpread1.ActiveSheet.Cells(1, 2).HorizontalAlignment = _
      FarPoint.Win.Spread.CellHorizontalAlignment.Center
    Me.FpSpread1.ActiveSheet.Cells(1, 2).VerticalAlignment = _
      FarPoint.Win.Spread.CellVerticalAlignment.Center
Visual C#
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0, 2].HorizontalAlignment
      = FarPoint.Win.Spread.CellHorizontalAlignment.Center;
    fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0, 2].VerticalAlignment
      = FarPoint.Win.Spread.CellVerticalAlignment.Center;

    fpSpread1.ActiveSheet.Cells[1, 2].HorizontalAlignment
      = FarPoint.Win.Spread.CellHorizontalAlignment.Center;
    fpSpread1.ActiveSheet.Cells[1, 2].VerticalAlignment
      = FarPoint.Win.Spread.CellVerticalAlignment.Center;
CellHorizontalAlignment列挙型およびCellHorizontalAlignment列挙型のメンバ
メンバ 説明
General セルの内容を、セルによる内容の解釈に合わせて配置します。
Left セルの内容を左揃えにします。
Center セルの内容を(左右の)中央揃えにします。
Right セルの内容を右揃えにします。

ボタン型の作成

 フォームのLoadイベントハンドラで、2つのボタン型を作成しセルに設定します。

 ボタン型は、FarPoint.Win.Spread.CellType名前空間のクラス「ButtonCellType」なので、このコンストラクタでインスタンスを作成します。

 そして、Textプロパティでボタン表面の文字を設定し、CellオブジェクトのCellTypeプロパティに、このButtonCellTypeオブジェクトを設定します。このプログラムでは、1行目の1列目と2列目のセルをボタン型にします。

Visual Basic
Dim btn1 As New FarPoint.Win.Spread.CellType.ButtonCellType()
btn1.Text = "加算"
FpSpread1.ActiveSheet.Cells(0, 0).CellType = btn1

Dim btn2 As New FarPoint.Win.Spread.CellType.ButtonCellType()
btn2.Text = "減算"
FpSpread1.ActiveSheet.Cells(0, 1).CellType = btn2
Visual C#
FarPoint.Win.Spread.CellType.ButtonCellType btn1
  = new FarPoint.Win.Spread.CellType.ButtonCellType();
btn1.Text = "加算";
fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0, 0].CellType = btn1;

FarPoint.Win.Spread.CellType.ButtonCellType btn2
  = new FarPoint.Win.Spread.CellType.ButtonCellType();
btn2.Text = "減算";
fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0, 1].CellType = btn2;

ボタンのイベント処理

 ボタン型セルのボタンがクリックされると、FpSpreadコンポーネントにButtonClickedというイベントが発生します。

 ただし、複数のボタンをセル型に指定している場合は、どのボタンが押されたのかが分かりませんから、押されたボタンがあるセルの行列番号で把握します。これは、イベントハンドラの引数eColumnまたはRowプロパティを参照します。

 [加算]ボタンは列「0」に、[減算]ボタンは列「1」に作成しましたので、この数字で押されたボタンを判別します。そして、セル「0,2」の値を加算または減算します。

Visual Basic
Private Sub FpSpread1_ButtonClicked(ByVal sender As Object, _
               ByVal e As FarPoint.Win.Spread.EditorNotifyEventArgs) _
                                       Handles FpSpread1.ButtonClicked
    If e.Column = 0 Then
        Me.FpSpread1.ActiveSheet.Cells(0, 2).Value += 1
    ElseIf e.Column = 1 Then
        Me.FpSpread1.ActiveSheet.Cells(0, 2).Value -= 1
    End If

 C#では、セルの値を直接加減算することができないようなので、1度変数に代入して加減算したあとに、再度セルに値を戻す形にします。

Visual C#
private void fpSpread1_ButtonClicked(object sender, 
                          FarPoint.Win.Spread.EditorNotifyEventArgs e)
{
    if(e.Column == 0){
        int i = (int)fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0, 2].Value;
        i++;
        fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0,2].Value = i;
    }else if(e.Column == 1){
        int i = (int)fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0, 2].Value;
        i--;
        fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0, 2].Value = i;
    }

 セルの値を変更したら、値が0以上であればセルの文字色を青色に、0未満のマイナスになれば赤色に変更します。これは、CellオブジェクトのForeColorプロパティの値を変更します。

Visual Basic
If Me.FpSpread1.ActiveSheet.Cells(0, 2).Value < 0 Then
    Me.FpSpread1.ActiveSheet.Cells(0, 2).ForeColor = Color.Red
Else
    Me.FpSpread1.ActiveSheet.Cells(0, 2).ForeColor = Color.Blue
End If
Visual C#
if((int)fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0, 2].Value < 0){
    fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0, 2].ForeColor = Color.Red;
}else{
    fpSpread1.ActiveSheet.Cells[0, 2].ForeColor = Color.Blue;
}

スライダーとプログレスバー型の作成

 今度は、スライダーとプログレスバー型を作成します。これも、フォームのLoadイベントハンドラで行います。スライダー型はSliderCellTypeクラスのインスタンスを、プログレスバー型はProgressCellTypeクラスのインスタンスを作成します。

 作成したら、2つのコントロールの動作範囲をそれぞれMinimumMaximumプロパティで設定します。

 そして、CellオブジェクトのCellTypeプロパティに設定します。

Visual Basic
Dim sl As New FarPoint.Win.Spread.CellType.SliderCellType()
sl.Minimum = 0
sl.Maximum = 100
FpSpread1.ActiveSheet.Cells(1, 0).CellType = sl
FpSpread1.ActiveSheet.Cells(1, 0).Value = 50
Visual C#
Dim pg As New FarPoint.Win.Spread.CellType.ProgressCellType()
pg.Maximum = 100
pg.Minimum = 0
FpSpread1.ActiveSheet.Cells(1, 1).CellType = pg
FpSpread1.ActiveSheet.Cells(1, 1).Value = 50

スライダーのイベント処理

 スライダーがユーザーによって操作されると、FpSpreadコンポーネントにEditChangeイベントが発生します。ここでも、どのセルのスライダーが操作されたのかを知るために、イベントハンドラの引数eColumnまたはRowプロパティを参照します。

 このスライダーは、セル「1,0」に作成したので、ColumnRowプロパティがこの値のときだけ処理を実行させます。

 ここでは、プログレスバーの値をスライダーの値と一致させますが、プログレスバーの値を変えるのではなく、プログレスバーがあるセルの値を変更します。また、隣の列のセルにスライダーの値を10倍した値も代入します。

Visual Basic
Private Sub FpSpread1_EditChange(ByVal sender As Object, _
               ByVal e As FarPoint.Win.Spread.EditorNotifyEventArgs) _
                  Handles FpSpread1.EditChange
    If e.Row = 1 And e.Column = 0 Then
        FpSpread1.ActiveSheet.Cells(1, 1).Value = _
          FpSpread1.ActiveSheet.Cells(1, 0).Value
        FpSpread1.ActiveSheet.Cells(1, 2).Value = _
          FpSpread1.ActiveSheet.Cells(1, 0).Value * 10
    End If
End Sub

 ここでも、C#ではセルの値を直接演算することができないようなので、1度変数に代入して加減算したあとに、再度セルに値を戻す形にします。

Visual C#
private void fpSpread1_EditChange(object sender, 
                         FarPoint.Win.Spread.EditorNotifyEventArgs e)
{
    if(e.Row == 1 & e.Column == 0){
        fpSpread1.ActiveSheet.Cells[1, 1].Value
           = fpSpread1.ActiveSheet.Cells[1, 0].Value;

        int i = (int)fpSpread1.ActiveSheet.Cells[1, 0].Value;
        i*=10;
        fpSpread1.ActiveSheet.Cells[1, 2].Value = i;
    }

まとめ

 セルのデータ入力にボタンやスライダーが使えると便利です。また、データの表示をプログレスバーなどにすると、入力値が視覚的に把握できるのでユーザー受けのするGUIをアプリケーションに組み込むことができます。

 


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(SPREAD)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5