CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Oracle、「Java 16」をリリース、9月には「Java 17」のリリースを予定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/17 17:40

 米Oracleは、「Java 16」を3月16日(現地時間)にリリースした。「Java 17」の提供は9月を予定しているが、早期アクセスビルドはすでに公開されている。

 「Java 16」では、instanceof演算子によるパターンマッチングや、イミュータブルなデータの透過的なホルダーであるクラスをコンパクトな構文で宣言できるレコードが追加された。

 また、ZGCスレッドスタック処理をセーフポイントから並行フェーズに移動することで、大きなヒープであってもGCセーフポイント内でミリ秒未満の一時停止を許可し、ZGCガベージコレクタにおけるレイテンシの原因を取り除くZGC並行スレッド処理に対応するとともに、未使用のHotSpot VMクラスメタデータメモリをより迅速にOSへ返すことで、メタスペースのフットプリントを削減するElasticメタスペースにおいて、メタスペースメモリをより小さなチャンクに割り当てることによって、クラスローダのオーバーヘッドと断片化を削減している。

 さらに、ソケットチャネルおよびサーバソケットチャネルAPIへのUNIXドメイン(AF_UNIX)ソケットのサポートと、自己完結型のJavaアプリケーションをパッケージ化するパッケージングツールが追加されたほか、JDK 9以降に非推奨となった、値ベースのクラスに対する警告、JDKのすべての内部要素の強力なカプセル化、APIの初期反復を提供してサポートされているCPUアーキテクチャに最適なベクトルハードウェア命令にコンパイルするベクトル計算を出力するVector API、および静的に型指定されたネイティブコードへの純粋なJavaアクセスを提供するForeign Linker API(インキュベータ)などが追加された。

 そのほかOpenJDKでは、C++14への対応、ソースコードリポジトリのMercurialからGitへの移行、Alpine LinuxやWindows/AArch64へのポーティングなどが行われている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5