CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Arduino IDE 2.0」ベータ版がオープンソースで公開、Eclipse Theiaフレームワークに準拠

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/12 18:30

 Arduino Foundationは、シングルボードコンピュータ「Arduino」のための統合開発環境「Arduino IDE 2.0」のベータ版を、3月1日(現地時間)にオープンオースでリリースしている。

 「Arduino IDE 2.0」ベータ版は、コードリポジトリがオープンソース化され、最新のエディタを搭載するとともに、応答性に優れたインターフェースの採用と、高速なコンパイルによって、ユーザーエクスペリエンスを全体的に向上した。

 エディタには、変数と関数の自動補完機能を備えており、変数または関数を右クリックすると、コンテキストメニューから宣言されている行やファイルへジャンプするための、ナビゲーションショートカットが表示される。

さらに、ボード上でコードをインタラクティブに実行・検査可能なライブデバッガを用意しており、デバッグパネルからブレークポイントの設定や、変数の内容の変更などができる。

 なお、デバッガがSAMDおよびMbedプラットフォーム(MKRファミリー、Nano 33 IoT、Nano 33 BLE、Portenta、Zero)に基づくすべてのArduinoボードをサポートしており、サードパーティボード用のArduinoコアのメンテナは、関連する構成パラメータを追加することでデバッグのサポートが追加可能となっている。

 「Arduino IDE 2.0」は、Visual Studio Codeと同じアーキテクチャに基づくEclipse Theiaフレームワークに準拠しており、フロントエンドはTypeScriptで記述されているが、バックエンドのほとんどはGo言語で記述されている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5