CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、Amazon EBS io2 Block Expressボリューム with Amazon EC2 R5bインスタンスを一般提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/21 08:00

 米Amazon Web Servicesは、次世代サーバストレージアーキテクチャ「Amazon EBS io2 Block Expressボリューム with Amazon EC2 R5bインスタンス」の一般提供を、7月19日(現地時間)に開始した。

 Amazon EBS io2 Block Expressボリュームは、クラウドにおいてSANを提供するためのサーバストレージアーキテクチャで、開発者イベント「AWS re:Invent 2020」にてプレビューされている。

 Amazon EBS io2 Block Expressボリューム with Amazon EC2 R5bインスタンスは、AWS Nitro Systemによって、Amazon EC2上でNAS機能の利用を可能にする。また、マルチアタッチやエラスティックボリュームといったio2機能をサポートしている。

 従来、単一ボリュームのパフォーマンスを超えるためには、複数のボリュームをストライプ化する必要があったが、io2 Block Expressを使用することで追加コストなしで、ミリ秒未満の遅延でio2ボリュームの4倍のスループット、IOPS、および容量を備えたクラウドで最高のパフォーマンスのブロックストレージを取得できる。

 io2 Block Expressアーキテクチャは、EBS I/O専用のNitro Cardに実装されているScalable Reliable Datagrams(SRD)プロトコルを使用して、AWS Nitro Systemベースのインスタンスと通信し、ミリ秒未満の遅延で最高レベルのパフォーマンスを提供する。モジュラーソフトウェアおよびハードウェアビルディングブロックも提供し、パフォーマンスの向上と新機能を、より高速に設計・提供可能な柔軟性を備えている。

 現時点では、Amazon EBS io2 Block ExpressボリュームはR5bインスタンスを利用できる、すべてのAWSリージョンで使えるほか、他のリージョンでも間もなくサポートが開始され、将来的にはすべてのタイプのEC2インスタンスが、io2 Blockボリューム接続への対応を予定する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5