CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google Play、すべてのサブスクリプションのサービス料金を2022年1月1日から引き下げ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/25 09:00

 米GoogleのAndroid開発チームは、サブスクリプションを提供するデベロッパーの、特定のニーズをサポートすべく、2022年1月1日(現地時間)以降に、Google Playのすべてのサブスクリプションのサービス料金を、初日から15%に引き下げる。

 現時点では、サブスクリプションのサービス料金は12か月の定期サブスクリプション後に、30%から15%に引き下げられる。しかし、顧客離れによってサブスクリプションビジネスがその割引料金の恩恵を受けられないことから、初日からサービス料金を15%に引き下げることとなった。

 この変更は、サブスクリプションを提供する開発者にとって、初年度のサブスクリプション料金が半減されることを意味するが、開発パートナー企業からは肯定的なフィードバックが届いているという。

 さらに、Google Playのメディアエクスペリエンスプログラムにおけるサービス料金も変更され、コンテンツのコストが売上の大部分を占める電子書籍やオンデマンドの音楽ストリーミングサービスは、10月21日(現地時間)よりサービス料金が従来の15%から10%に引き下げられた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5