CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google、ドメイン管理を簡素化する「Cloud Domains」を一般提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/29 08:00

 米Googleは、2月に発表した新しいドメインを簡単に登録できるようにする「Cloud Domains」の一般提供を、10月28日(現地時間)に開始した。

 Cloud Domainsは、ドメイン関連タスクの簡素化を目的に構築され、Cloud IAMを通じてドメインのアクセス制御を管理し、Cloud Billing経由でドメインの登録と更新を管理しており、Google Cloudの他の機能とのシームレスなエクスペリエンスが実現されている。

 Cloud DNSとも緊密に統合され、ワンクリックでCloud DNSゾーンを作成し、Cloud Domainsと関連付けられる。また、Cloud DNS APIによって、ドメインポートフォリオのDNSゾーンを簡単に一括管理できる。

 さらに、パブリックDNSゾーンでDNSSECを有効にすることで、セキュリティの強化が可能なほか、Cloud DNS APIによるドメイン移管にも対応している。

 Cloud Domainsは、すべてが同じGoogle Cloud Platformプロジェクトで管理されるため、Cloud Run、Google App Engine、Cloud DNSといった他のGoogle Cloudアプリケーションとの高度な連携を実現しており、ドメインの検証と構成が大幅に簡素化される。

 そのほか、シンプルなAPIを通じてサードパーティのドメインをCloud Domainsに転送する機能が追加され、さまざまなトップレベルドメインをサポートする。これにより、ドメインポートフォリオを1か所に統合し、プログラムでの管理にAPIを利用できるようになった。APIを利用した管理によって、ドメインのCloud Domainsへの一括転送が、従来よりもはるかに簡単になる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5