CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaScript/TypeScriptランタイム環境「Deno 1.16」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/16 09:00

 V8 JavaScriptエンジンとRustによって構築されている、JavaScript/TypeScriptランタイム環境Denoの開発チームは、最新版となる「Deno 1.16」を11月9日(現地時間)にリリースした。

 「Deno 1.16」では、fetchを使用したローカルファイルシステムのファイル読み取りがサポートされるようになり、import.meta.urlを使用して現在のモジュールに関連するファイルを取得する場合などに役立つ。また、React 17に導入された、JSXランタイムライブラリの自動インポートを可能にする、新たなJSXトランスフォームをサポートした。

 さらに、OSのシグナルを受信するための新たなAPI(不安定版)が追加され、既存のDeno.signals APIと置き換えられたほか、エラーが発生した場合やconsole.logに記録された際に、Error.causeプロパティが表示されるようになっている。

 ほかにも、TLS接続のハンドシェイクを明示的に実行できるようになり、Web Streams APIにおけるいくつかの改善、Deno.startTlsの安定版への移行、バージョン1.10に搭載されていた、テストごとにアクセス許可の設定を可能にする機能の安定化、localStorageが--locationフラグなしでDenoを起動した際に使用するストレージバケットへの暗黙のキー追加、AbortSignalを中止する際に理由を指定する機能のサポート、Denoで記述されたモジュールをnpmパッケージとして公開するためのdntのリリース、V8のバージョン9.7への更新、WebAssembly参照型のサポートなど、さまざまな機能追加・改善が行われた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5