CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「build service」に見るクライアントワークのプロダクト開発で成功するアプローチ【デブサミ2022】

【18-A-8】クライアントワークとプロダクト開発の親和性を追求~共創と信頼を作り出すエンジニアリングアプローチ~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/03/22 12:00

 伊藤忠テクノソリューションズでは顧客企業における変革推進チームを支援する「build service」を提供している。顧客の現場にエンジニアやデザイナーが加わり、顧客チームと伴走するのが特徴だ。アジャイル、DevOps、エクスペリエンスデザインなど、新しいエンジニアリング手法でアプローチする。ソリューションオーナー 小岩井裕氏とソリューションアーキテクト 羽田野晋一氏が詳しく解説する。

目次

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 小岩井裕氏(左上)/羽田野晋一氏(右下)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 小岩井裕氏(左上)/羽田野晋一氏(右下)

顧客とともにアイデアを考え、プロトタイプを開発し、検証する

 企業は未来を見据え、ビジネスや組織をアップデートする必要がある。新しいビジネスを開拓する、新しいプロダクトを創造することはそう簡単ではない。緻密な計画を立てて、何年もかけてゆっくり進めていては手遅れになってしまう。スピーディーに進めていくには最新のアプローチを用いていく必要がある。伊藤忠テクノソリューションズが提供している「build service」は、顧客企業が推進するデジタルビジネスやデジタルプロダクトを顧客とともに探索し、実装し、発展させていく伴走型のテクノロジーコンサルティングサービスとなる。

 当サービスのコアバリューとなるのがアジャイル文化形成。「ともにアイデアを考え、プロトタイプを開発し、検証することでプロジェクトを後押しします」と伊藤忠テクノソリューションズ 小岩井裕氏は言う。

 顧客への支援の柱となるのがUXデザイン、クラウドネイティブアーキテクチャ、アジャイルアプローチだ。そのためデザイナーとエンジニアが顧客のチームに加わる。プロダクト開発のフレームワークとして採用しているのはスラローム社が定義しているPEM(Product Engineering Methodology)。大きく分けてプロダクトを検討するディスカバリーフェーズと、プロダクトを開発するデリバリーフェーズに分かれる。

PEM(Product Engineering Methodology)
PEM(Product Engineering Methodology)

 すべてのプロセスに関与するのが小岩井氏が務めるソリューションオーナーとなる。前段のディスカバリーフェーズではプロジェクトマネージャやコンサルタントとして、後段のデリバリーフェーズではスクラムマスターとして動く。「鍵となるのがサーバントリーダーとしての特性である共感、説得、傾聴、気づき、概念化、先見性」だと小岩井氏は言う。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Developers Summit 2022 レポート

もっと読む

著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Onlineの取材・記事や、EnterpriseZine/Security Onlineキュレータ...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5