SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Developers Summit 2022 レポート(PR)

「モノがつながる」が当たり前の時代、エンジニアが知っておきたいIoTの基礎知識【デブサミ2022】

【18-E-3】IoT(エンジニア)として歩んだ6年間から見る「IoTの今と展望」 ~ 今できる事と、これからに向けた準備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たなデジタルテクノロジーのひとつとして注目を集めているIoT。スマートスピーカーやクラウドと連携した専用デジタルデバイスなど、すでに実用的なプロダクトが数多く登場している。その技術領域は、組み込みデバイスからクラウド・モバイルネットワークまで広がっており、ITの総合格闘技とも称されているという。このセッションでは、IoTプラットフォームを提供する株式会社ソラコムでテクノロジー・エバンジェリストを務める松下享平氏が、IoTの現状とIoTで変化したモノづくりのルールについて解説した。本記事では、そのポイントを紹介する。IoTに興味を持つエンジニアにとって、全体を俯瞰するよい機会となるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト 松下享平氏
株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト 松下享平氏

今だからこそ「IoTとは何か」を考える

 「以前は、IoTの後ろにカッコ書きで(モノのインターネット)や(Internet of Things)と書いてあるのが普通でしたが、最近ではニュースなどでも付かなくなってきている印象です」と松下氏は話し始めた。IoTという言葉が市民権を得てきているというのだ。

 では、改めてIoTとは何なのだろうか。松下氏は説明のために、2つの簡単なデモ動画を紹介した。

 1つ目は「SORACOM LTE-M Button」というデバイスによるデモだ。長さ10cm、幅3cmほどのスティックに押しボタンが1つ付いている。このボタンを押すと、SORACOMのモバイル回線で信号が送られて「LINE Notify」を通じて、スマートフォンのLINEアカウントにメッセージが送られる。

IoTボタンでLINEに通知するデモ
IoTボタンでLINEに通知するデモ

 もうひとつのデモ動画では、LINEから送ったコマンドでネットワークカメラの方向を制御する様子を見せた。松下氏は、このようなIoTは次の3つの要素で構成されていると説明する。

 まずはIoTの「Things」にあたる「モノ」である。つまり、センサーやスイッチなどの入力部分、モーターやLEDなどの出力部分、それをコントロールするデジタルデバイスを指す。このようなモノが現場をデジタル化する役目を持っている。そして、デジタル化された現場のデータは、従来であればモノの中で処理していたが、IoTでは「クラウド」で処理するのだ。さらに、このモノとクラウドをつなぐために「ネットワーク」が必要となる。IoTは、業種・業態・規模などに関係なく、この「モノ」「クラウド」「ネットワーク」の3つの要素で構成されているという。

 「IoTを利用することで、遠く離れたモノや現場をデジタル化できます。IoTを活用するエンジニアは、現実世界と人をつなげて価値を創り出す役割を担うことができるのです」(松下氏)

 では、実際にどのようなモノをつなぎ、どのような価値を創っているのだろうか。

 松下氏は、代表的な事例をピックアップして紹介した。例えばダイキン工業では、オフィス用空調機器の定期点検のため、エアコン内部の定点カメラで画像を送信して、AIによる分析で清掃時期を自動判定している。これにより、人間は必要なときにのみ清掃すればよくなり、ビル管理業務の効率化が実現した。

 「このように、IoTによって新しい価値を創り出すことができます。どこでもつながるデータ通信により、従来の労働を置き換えられます。収集できるデータの解像度が向上することで、既存ビジネスのスマート化が実現するのです。こういったテクノロジーを業界を超えて連携させることで、新たな顧客価値を生み出すことができます」と、導入の効果を説明した。

IoTエンジニアが創り出す価値
IoTエンジニアが創り出す価値

 「SORACOMでは、すでに2万以上のお客さまに300万を超えるIoT契約回線を提供しています」と松下氏は語った。なおデブサミ2022の開催後、2月22日に同社は400万回線を達成したことを発表した

次のページ
IoTで見えてきた「技術のサイクル」

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Developers Summit 2022 レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

可知 豊(カチ ユタカ)

フリーランスのテクニカルライター 興味の対象はオープンソースの日常利用、ライセンス、プログラミング学習など。 著書「知る、読む、使う! オープンソースライセンス」。https://www.catch.jp

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/15660 2022/03/17 12:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング