CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

イラストではじめる「Kubernetesの動かしかた」~Kubernetesクラスタを用意し、Podを作ってコンテナを起動しよう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/05/10 11:00

 本連載ではKubernetesの簡単な説明からはじまり、開発者の方にとってKubernetesを利用することで何が嬉しいのか、どのように開発フローが変わっていくのかについて、イラストを交えながら紹介します。今回は、実際にKubernetesを触ってみる方法をご紹介します。まだまだ理解が怪しいと思っていても、触ってみると知識が深まることもあるでしょう。特にローカルクラスタを作ってさえしまえば、いくら壊しても大丈夫です。

目次

kubectlをインストールしよう

 この回ではKubernetesクラスタの作成方法と、作成したクラスタに対してPodを作成する方法などを説明します。

 Kubernetes環境の作成方法は色々ありますが、ローカルからkubectlを利用してKubernetesクラスタのAPIサーバと接続する必要がある場合がほとんどですので、まずはkubectlをインストールしましょう。Kubernetes環境を作成しないとconfigの設定を行うことができないので、まずはインストールとkubectl versionが通ることの確認までで大丈夫です。

Tips

 installできたら各OS用インストールドキュメントの下の方にある「Enable shell autocompletion」を実行して自動補完が効くようにすると便利です。また、aliasでkと入力するとkubectlの代わりになるよう設定するのもおすすめです。

Kubernetes環境を作成してみよう

 Kubernetes環境を作成する方法はいくつかあります。絵のフローチャートを参考に、自分にあった方法で環境を作成してみましょう。多くのツールやサービスでは簡単にKubernetesのクラスタを構築してくれますが、最後に自分で1からクラスタを構築する方法をご紹介します。1から全部自分で作ってみたいという方は試してみてください。

  • ローカル環境
    • minikube
    • kind
    • Docker Desktop
  • クラウドサービス
    • Katacoda
    • Okteto
    • AWSのマネージドKubernetes:Amazon Elastic Kubernetes Service(EKS)
    • AzureのマネージドKubernetes:Azure Kubernetes Service(AKS)
    • GCPのマネージドKubernetes:Google Kubernetes Engine(GKE)
  • その他
    • 自分でクラスタを構築する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:イラストではじめるKubernetes

著者プロフィール

  • あおい(アオイ)

     大手メーカーにてソフトウェアエンジニアエンジニアを経て2019年7月サイボウズ株式会社にSREとして入社。 現行インフラ基盤上のアプリケーションを新インフラ基盤(Kubernetes)に移行するプロジェクトが主な仕事です。著書は、「まんがではじめるKubernetes」など。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5