CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

レバテック、ITエンジニア・クリエイターを対象にした副業に関する調査結果を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/05/25 10:00

 レバテックは、同社が運営するフリーランスITエンジニアのための案件紹介サービス「レバテックフリーランス」が、20~39歳のITエンジニア・クリエイターを対象に実施した、副業に関する調査の結果を5月24日に発表した。同調査は、2月~4月の期間に行われ、207名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、休日や業務時間後などの空いている時間に、副業をしたいと思うかを尋ねたところ、「思う」という回答が約7割を占めた。

 雇用形態別では、正社員の58.5%、フリーランスの75.2%が副業をしたいと考えており、働き方改革や新型コロナ禍でリモートワークが一般化したことによって、副業のニーズが高まっていることが明らかになっている。

 現在の副業の状況を尋ねた質問では、「既に副業をしている」が35.5%、「副業先を探している」が24.6%だった。

 「既に副業をしている」と答えた人を雇用形態別でみると、「正社員」は16.1%で、「フリーランス」(51.3%)と比較すると35.2ポイント差となり、フリーランスは正社員よりも柔軟な働き方を選べる状況がうかがえる。また、正社員の約3割が「副業先を探している」と答えている。

 副業をしたい理由としては(複数回答)、「収入を増やしたい」(82.6%)がもっとも多く、「収入を得る手段を複数持っておきたい」(49.3%)、「自身の強みを伸ばしたい」(26.8%)がそれに続いた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5