CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Delphi for PHP はじめの3歩 その1

Delphi for PHPでビジュアルPHPプログラミング

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/01/07 18:36

Delphi for PHPは、Windows向けビジュアル開発ツールとして定評のあるDelphiの開発スタイルで、PHPによるWebアプリケーションを開発できるツールです。本稿では、3回シリーズでDelphi for PHPの基本的な使い方を紹介します。

目次

はじめに

 Delphi for PHPは、Windows向けビジュアル開発ツールとして定評のあるDelphiの開発スタイル、つまり、コンポーネントをドラッグ&ドロップ操作で配置し、プロパティとイベントを設定して開発するスタイルで、PHPによるWebアプリケーションを開発できるツールです。開発環境はWindows向けですが、作成したアプリケーションは、ピュアPHP 5で動作可能ですので、Linuxなど他の環境にも配布し、動作させることができます。

 本稿では、3回シリーズでDelphi for PHPの基本的な使い方を紹介します。Delphi for PHPのトライアル版は、CodeGearのWebサイトからダウンロードできますので、本稿を参照しながら試してみてください。

試用する前に「Delphi for PHPの現在」

 本稿執筆時点で、Delphi for PHPは、Update 2がリリースされ、多くのバグフィックスや国際化対応への作業が進んでいます。発売当初は、英語版ということで、日本語環境で使用する場合の問題も多くありましたが、いくつかのアップデートを重ねて、各国語環境で利用できるようになってきました。今後、UIの日本語化も待たれるところです。

 Delphi for PHPの最新情報は、CodeGearのWebサイトやCDNのPHPコミュニティ、また、CodeGearのブログなどを参照してください。

 Delphi for PHPで日本語アプリケーションを開発する場合には、いくつかの設定を行う必要があります。Update 2での設定については、以下の記事が参考になります。

Delphi for PHPのプロジェクト

 Delphi for PHPでは、プロジェクトという単位でアプリケーションを開発します。プロジェクトには、1つ以上のフォームがあります。フォームは、Webページの画面1つに相当します。

 フォームは、ユニットと呼ばれるPHPのコード(.php)と、ユニットと同じ名前で、「.xml.php」という拡張子を持つファイルで構成されます。「.xml.php」には、フォームで設定するプロパティが格納されており、言うなればフォームの画面設定情報を保存するファイルです。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Delphi for PHP はじめの3歩

著者プロフィール

  • EDN編集部(イーディーエヌ編集部)

    エンバカデロ・デベロッパーネットワーク(EDN)は、ソフトウェア開発者とデータベース技術者のための技術情報サイトです。Delphi、C++Builderをはじめとする開発ツールやER/Studioなどのデータベースツールに関連する技術記事、ビデオなどを提供しています。EDN編集部は、EDN記事と連携...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5