Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

マイクロソフト、SQL Server 2008対応のレポート作成ツールを無償提供開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/21 12:51

 マイクロソフトは20日、SQL Server 2008 に対応したレポート作成ツール「Report Builder 2.0 日本語版」の無償提供を開始した。同社Webサイトよりダウンロードできる。

 マイクロソフトは20日、SQL Server 2008に対応したレポート作成ツール「Report Builder 2.0 日本語版」の無償提供を開始した。同社Webサイトよりダウンロードできる。

 Report Builder 2.0は、Office 2007シリーズと同様のリボンインターフェースや、データベースへの選択クエリを自動生成するツールを搭載し、専門的な開発ツールやSQL言語に不慣れなユーザーでも、多次元の表形式、グラフ、チャートおよびゲージなどを含むグラフィカルなレポートのセルフサービス型による作成を可能にする。

Report Builder 2.0により作成されたレポート(※プレスリリースより転載)
Report Builder 2.0により作成されたレポート(※プレスリリースより転載)

 作成されたレポートは、SQL Server 2008 Reporting Servicesが提供するWebサーバー、またはOffice SharePoint Serverにパブリッシュすることができ、組織や企業内に共有することができる。共有されたレポートはWebブラウザーで閲覧することが可能で、ExcelやWord、PDFや画像などにエクスポートし、そのレポートデータを再利用することもできる。

 対応するデータソースは、次の通り。

  • Hyperion Essbase
  • ODBC/OLE DB 準拠のデータベース
  • Oracleデータベース
  • SAP NetWeaver BI
  • SQL Serverデータベース
  • SQL Server Analysis Services多次元データベース
  • Teradata
  • XML

 なお今回のリリースは、次期SQL Server(コードネーム:Kilimanjaro)に向けたセルフサービス型ビジネスインテリジェンス機能の先行提供となる。Kilimanjaroでは、レポート作成機能に加えセルフサービス型の分析サービスの提供、データウェアハウスの機能強化などが行われる予定となっている。

 
【関連リンク】
「Report Builder 2.0 日本語版」の無償提供を開始(プレスリリース)
Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services Report Builder 2.0

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5