Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Java専用のバーコード生成コンポーネント「JBarCode 2.5J」発売決定、次期標準規格に対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/02/19 13:49

 グレープシティは、Java専用のバーコード生成コンポーネント「JBarCode 2.5J」を3月23日より販売開始すると発表した。次期業界標準企画GS1データバーに対応している。

 グレープシティは、Java専用のバーコード生成コンポーネント「JBarCode 2.5J」を3月23日より販売開始すると発表した。

 「JBarCode」はJava専用のバーコード生成コンポーネント。GUIデザイナ上で種類とデータを指定するだけで、バーコード出力を行うためのJavaプログラムソースの自動生成ができる。そのため、開発者がバーコードの規格に精通していなくても、業務上のさまざまな要求への対応が可能となる。既に航空業や大手運輸業の業務システムなどで採用され、安定した運用実績をあげている。

 デザイナでは、プルダウン形式でバーコード企画の選択、プレビュー画面を見ながらの色/大きさの設定など直感的な操作が可能。またPNGやJPEGなどの画像ファイル出力とストリーミング出力にも対応している。

JBarCode画面イメージ
JBarCode画面イメージ

 今回発表されたバージョン2.5Jでは新たに、GS1データバー(旧称RSS 14)をサポートし、合計21種類の規格のバーコードを生成可能となった。GS1は2010年から標準化される新しいバーコード規格。医療品や医療材料のほか、果実、食肉、文具、化粧品など幅広い一般消費財での普及が予想されており、既に一部大手企業では試験的な導入が開始されている。

 価格は1開発ライセンスが63,000円、1CPUサーバー運用ライセンスが105,000円(日本語製品ヘルプ/サポート含む)。

 
【関連リンク】
JBarCode:グレープシティ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5