SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Infragistics NetAdvantageチュートリアル(PR)

高機能データグリッドを使用して
従業員情報を出力するWPFアプリケーションを作成する

WPF用データグリッドの利用とXPS形式のエクスポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NetAdvantage WPFのxamDataGridコントロールはWPFフレームワークの機能を活かした、業務用アプリケーション構築には欠かせないデータグリッドコンポー ネントです。今回はこのxamDataGridならびにxamOutlookBarを用いて、営業員の情報を表示しXPS形式のエクスポートを行うアプリ ケーションを開発します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 NetAdvantage WPFのxamDataGridコントロールはWPFフレームワークの機能を活かした、業務用アプリケーション構築には欠かせないデータグリッドコンポーネントです。今回はこのxamDataGridならびにxamOutlookBarを用いて、営業員の情報を表示しXPS形式のエクスポートを行うアプリケーションを開発します。

対象読者

 Visual Basic 2008、Visual C# 2008、XAMLを使ってプログラミングをしたことのある人。

必要環境

 Visual Basic 2008あるいはVisual C# 2008でプログラムが作れる環境。サンプルはVisual Studio 2008 SP1、.NET Framework 3.5 SP1にて作成、グリッド表示データを取得するためにSQL Server 2008 Express EditionにAdventureworksをインストールしています。また、Windows 7 RCにおいて動作を検証しています。

サンプルプログラム実行時の注意環境

 あらかじめ.NET Framework 3.5 SP1なびにSQL Server 2008、Adventureworksがインストールされており、データベースへアクセス可能であることを確認してください。

  1. WPFアプリケーションの場合
  2.  「NASalesForce_CS_BIN.zip」を解凍し、「NASaleseForce_CS.exe」を実行します。

  3. XBAPアプリケーションの場合
  4.  「NASalesForce_CS_XBAP_Deploy.zip」を解凍し、「NASalesForce_CS_XBAP.xbap」を実行します。

コンポーネントのインストール

 はじめてNetAdvantage WPFを使用する方は、事前にソフトウェアをインストールする必要があります。

 インフラジスティックス社Webページからインストーラーをダウンロードしてください。[NetAdvantage for WinClient 2009 Vol. 1 Full]をクリックするとダウンロードが開始されます(サイトへの登録が必要です)。この製品は有償ですが、20日間すべての機能を使用なトライアル版としてインストール可能です。

NetAdvantage WPF

 2007年に世界初のWPFコントロールスイートとして発売が開始され、原稿執筆時点での日本語版最新バージョンは2009 Volume1となります。

 収録されているコントロールはデータグリッド、カルーセル、チャート、リボン、ドックマネージャー、Outlookバー、カレンダー、各種エディタを取りそろえ、商用のWPF業務用アプリケーション開発を促進します。このスイートを使用したサンプルについては、インフラジスティックス社のWebページで確認することができます。

NetAdvantage製品ラインナップ

 2009年4月に製品ラインナップの変更が行われ、NetAdvantage WPFはNetAdvantage for .NETあるいはNetAdvantage for Win Clientとして販売されています。製品ラインナップについても、インフラジスティックス社のWebページに記載されています。

xamDataGridコントロール

 2007年よりWPFネイティブデータグリッドとして販売され、バージョンを重ねるごとに多数の機能追加が行われました。また、仮想化技術を採用しているため、10万行を超えるレコード数であってもパフォーマンスを落とすことなく表示することが可能です。

主な機能
階層データ表示 ソート フィールド(列)移動 フィールド(列)固定
フィルタ カードビュー グルーピング 遅延スクロール
自由ヘッダー配置 レコード(行)集計 非バインドフィールド レコード・セル・ラベル仮想化

xamOutlookBarコントロール

 2009 Volume1で追加されたMicrosoft Office Outlook 2007で採用されているナビゲーションコントロールです。整理されたグループ。展開や縮小、リサイズが可能なナビゲーションバー。さらにグループ内には任意の項目を含むことが可能です。

図1 - Microsoft Office Outlook 2007のナビゲーションバー
図1 - Microsoft Office Outlook 2007のナビゲーションバー

次のページ
プロジェクトにアセンブリを追加

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Infragistics NetAdvantageチュートリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

インフラジスティックス・ジャパン株式会社 池原 大然(イケハラ ダイゼン)

国内ベンチャー企業にて.NETエンジニアとして開発に従事、2007年インフラジスティックス・ジャパンに入社。現在デベロッパー エバンジェリストとして、.NETやWPF/Silverlight製品や技術の啓蒙活動を行う。Microsoft MVP for Client App Dev 2010/04 ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/4127 2009/07/07 14:27

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング