Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

コミュニティメンテナンス版Ubiquityが登場
Firefox 3.6に対応、0.5系プレベータバージョン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/12 14:20

 Firefoxに自然言語インターフェースを提供する実験的なアドオン「Ubiquity」に、コミュニティ・メンテナンス・バージョンが登場した。

長年UbiquityにコントリビュートしてきたSatyr氏が、0.5系のソースを元にフォークしたもの。プロジェクトページから、プレベータ版ながらFirefox 3.6に対応したバージョン0.5.5pre8.20100310がインストールできる。

 Ubiquityとは、Mozilla Labsによる実験プロジェクトの1つ。コマンド入力での操作を可能にする機能拡張で、「○○にメールを送りたい」といった自然な言葉遣いでの命令文にも対応している。しかし、国際化などに対応して新しく書き直されたバージョン0.5が2009年7月に公開された後は、Firefox 3.6にも対応しておらず、addons.mozilla.orgから入手できる安定版も0.1系のままという状況が続いていた。

 Mozilla Labsでは、2月22日にブログ記事「Current Status of Ubiquity」で、Ubiquity 0.5をFirefox 3.6に対応させるのは難しいとの見解を示していた。また、Ubiquity開発の中心人物Aza Raskin氏は、米InternetNews.comに対して、「Ubiquityは現状では後回しにされており、コア開発者も今はJetpackやTest Pilotを担当している」と語っていた。

 
【関連リンク】
Community-maintained version of Ubiquity for Firefox 3.6(Mozilla Labs)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5