CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Silverlight 3で強化されたスタイルと値の検証

Silverlight 3徹底入門(7)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

1. リソースディクショナリーの追加

 Visual Studioの新しいアイテムの追加から、リソースディクショナリーを選択して、プロジェクトに追加します。今回はプロジェクトのResourcesフォルダの下にApp.Dictionary.xamlというリソースを追加しています(図2)。

図2 リソースディクショナリーの追加
図2 リソースディクショナリーの追加

2. リソースディクショナリーにスタイルの記述

 次にリスト1で外部リソースファイルに持ちたいスタイルをApp.Dictionary.xamlに移します(リスト2)。

[リスト2]ページのスタイルを外部リソースファイルに移動(App.Dictionary.xaml)
<ResourceDictionary
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml">
  <!-- テキストボックスの基本スタイル -->
  <Style TargetType="TextBlock" x:Key="BaseText">
    <Setter Property="FontSize" Value="40" />
    <Setter Property="Foreground" Value="Red" />
    <Setter Property="FontFamily" Value="メイリオ" />
  </Style>
</ResourceDictionary>

3. リソースディクショナリーの適用

 リソースディクショナリーに定義されたスタイルを適用するためには、ResourceDictionaryクラスのSourceプロパティにリソースディクショナリーのURIを指定します(リスト3)。

[リスト3]リソースディクショナリーの指定(MainPage.xaml)
<UserControl x:Class="Silverlight3_7Sample.MainPage"
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
  xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" 
  mc:Ignorable="d" d:DesignWidth="640" d:DesignHeight="480">
  <UserControl.Resources>
    <ResourceDictionary Source="Resources/App.Dictionary.xaml" />
  </UserControl.Resources>
  
  <StackPanel x:Name="LayoutRoot">
    <TextBlock Style="{StaticResource BaseText}" Text="スタイルが適用された文字" />
  </StackPanel>
</UserControl>

 実行すると図1と同じように、リスト2で設定したスタイルを適用した文字列が表示されます。

4. リソースディクショナリーのマージ

 単に外部に定義された1つのリソースディクショナリーを読み込むのであればリスト3のように指定すればよいのですが、画面ごとに異なるスタイルや複数のリソースディクショナリーの定義を利用したい場合は、ResourceDictionaryクラスのMergedDictionariesプロパティを利用する必要があります。例えば、MainPage.xaml用の外部リソースディクショナリーとページに直に定義したスタイルをリスト3に追加する場合は、ResourceDictionaryクラスの定義はリスト4のようになります。

[リスト4]複数リソースディクショナリーの指定(MainPage.xaml)
<ResourceDictionary>
  <ResourceDictionary.MergedDictionaries>
    <ResourceDictionary Source="Resources/App.Dictionary.xaml"/>
    <ResourceDictionary Source="Resources/MainPage.Dictionary.xaml"/>
    <ResourceDictionary>
      <SolidColorBrush x:Key="PanelBrush" Color="Blue"/>
    </ResourceDictionary>
  </ResourceDictionary.MergedDictionaries>
</ResourceDictionary>

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Silverlight 3徹底入門

もっと読む

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

  • WINGSプロジェクト かるあ (杉山 洋一)(カルア(スギヤマ ヨウイチ))

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5