Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ソフトウェアテストの討論会「JaSST'10 Kansai」が7月23日に開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/07 12:12

 「ソフトウェアテストシンポジウム 2010 関西」(略称 JaSST'10 Kansai)が7月23日(金)、クリエイターズプラザ(大阪府東大阪市)で開催される。

関西での開催は2007年以来、通算4回目。

 JaSST(Japan Symposium on Software Testing)は、ソフトウェア業界全体のテスト技術力の向上を目指して、2003年から実施されているシンポジウム。技術者、管理者、研究者等、ソフトウェアのテストに関わる幅広い層を対象に、研究成果や経験を共有・議論することで技術の向上を促し、複雑化・高度化したソフトウェアの品質向上を目指している。

 現在、基調セッションとして「レビューとテストの効果を予測するための取り組み」「オフショアにおける受入検査の考慮点」、事例報告のテクニカルセッションとして「ベンチマークによる生産性・品質向上の取組み」「品質保証駆動ソフトウェア開発」「限られた期間をトラブルから守るためのリスク管理」が発表されている。

 参加は事前登録制でシンポジウム参加費が税込5,250円(昼食代込み)、チュートリアルを受講する場合は税込7,350円。情報交換会のみ参加の場合は税込4,000円。登録は7月16日までウェブサイトから受け付けている。

 
【関連リンク】
JaSST'10 Kansai

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5