Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「IPv6技術検証協議会」設立、IPv6の本格的なセキュリティ検証を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/28 17:34

 28日、インターネット関連企業・団体が共同で「IPv6技術検証協議会」を設立した。IPv6(アイピーブイロク)環境の主にセキュリティ面を実機検証する協議会で、同様の取り組みとしては世界初。

 参画企業・団体は、独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)、F5ネットワークスジャパン、KDDI、ソフトバンクBB、タレスジャパン、日本電信電話、バッファロー、パロアルトネットワークス、ブロケード コミュニケーションズ システムズ、マイクロソフトの10社。

 設立の背景について、会長を務めるNICT理事の榎並和雅氏は、「現在日本のIPv4のアドレスは残り6%で来年7月には枯渇すると予想するが、互換性がないことからIPv6への移行は遅れており実績に乏しい。また、IPv6はエンドツーエンドでの暗号化・認証によりセキュアであると一般的に考えられているが、NICTの研究成果では既に60強の脆弱性が発見されており、このままIPv6の利用が本格化すると様々なセキュリティリスクにエンドユーザーがさらされる可能性がある」と説明する。

 検証環境には、マイクロソフト大手町テクノロジーセンターの最新サーバー・ワークステーション群(各300台規模)とネットワーク機器が用いられる。会員企業がIPv6に対応したソフトウェアを持ち込み、NICTの作成したIPv6セキュリティ検証ツールが模擬攻撃を行うことで、相互運用性やセキュリティ面における未知の課題の抽出、対策技術の検討が行われる予定だ。検証成果は外部組織や標準化団体に情報公開するとしている。

 副会長のマイクロソフトCTO 加治佐俊一氏は、「IPv4のアドレス枯渇やクラウド環境へのシフトによって、今後IPv6の重要性はますます高まる。そのような背景を受けて、安全、安心なIPv6環境を目指すための協議会を設立した。グローバルにビジネスを行っている参加企業も多いため、世界的な貢献も視野に入れて活動していきたい」の今後の抱負を語った。

マイクロソフト大手町テクノロジーセンターのサーバー群
マイクロソフト大手町テクノロジーセンターのサーバー群

 
【関連リンク】
独立行政法人 情報通信研究機構
マイクロソフト大手町テクノロジーセンター

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5