Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

W3C、Webリアルタイムコミュニケーションに関するワーキンググループを発足

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/05/10 11:12

 W3Cは5日(現地時間)、「Web Real-Time Communications Working Group」を発足した。このワーキンググループの目的は、Webブラウザによるリアルタイムコミュニケーションを実現するための、クライアントサイドのAPIを定義することだ。

 定義されるAPIは、外部拡張やプラグインを組み込むことなく、サーバーを介さずにWebブラウザだけで、音声や映像を用いたリアルタイムコミュニケーションを可能にすることを目指している。

 今後の予定としては、2011年の第3四半期に最初のドラフト(FPWD:First Public Working Draft)をリリースすることを目指しており、2013年の第1四半期には最終的なリリースを行う見込みとなっている。


【関連リンク】
W3C
「Web Real-Time Communications Working Group Charter」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5