Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

アドビ、「Flash Player 11」「Adobe AIR 3」を発表
リリースは10月初旬を予定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/09/22 13:22

 米Adobeは米国時間の21日、マルチプラットフォーム実行環境の新バージョン「Adobe Flash Player 11」と「Adobe AIR 3」を発表した。公開は10月初旬を予定している。

 ともに同社のFlash技術をベースにした実行環境で、Flash PlayerはWebブラウザのプラグインとして、インターネットに接続するコンピューターの98%にインストールされている言われる。Adobe AIRはそのスーパーセットにあたり、デスクトップPCやスマートフォンといった様々なデバイス上でスタンドアローンアプリケーションを提供可能にする。

 今回のメジャーアップデートでは、同社がアプリケーションのキートレンドとして考える「ゲーム」「ビデオ配信」「データ駆動型」の3つの領域にフォーカスした機能拡張が行われており、提供可能なアプリケーションの表現力、可能性、可搬性の大きな向上が見込まれる。

 代表的な新機能として、広範なデバイス向けGPUに対応した「高品質な2D/3Dのサポート」、各種センサーの最大限活用・ActionScript以外の既存コードの活用・他アプリケーションとの連携などを可能にする「ネイティブ拡張」、AIRランタイムを同梱しワンパッケージ化することでバージョン管理やテスト作業を簡素化できる「Captive Runtime機能」が実装された。

 他にも、DRMのモバイル対応、ビデオコンテンツのレンタルや課金を可能にする「サブスクリプションコントロール」、暗号的にセキュアな乱数生成機能、64ビットOSサポートなどが追加されている。

 
【関連リンク】
プレスリリース(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5