Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本マイクロソフト、Metroスタイルアプリケーション普及を目的とした開発者支援策「Go Metro」を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/04/25 13:41

 日本マイクロソフトは、Windows PhoneやWindows 8に実装する、タッチ操作に最適化した新しいユーザーインターフェース「Metroスタイル」を普及させるため、ソフトウェア開発者向けの新たな支援施策として、「Go Metro」を25日に開始した。

 「Go Metro」では、「MSDNオンライン」にて「Metroスタイル」のアプリケーションに関する技術情報ポータルを設置し、同社による公式技術情報を提供するほか、開発したアプリケーションを海外でも提供できるよう、日本語アプリケーションの各国言語への対応を支援する「Globalization Factory」を、2012年夏から展開する。

 また、「Metroスタイル」の概要からデザイン、開発実践のフェーズに沿って学習可能なセミナー「Developer Campセミナー」を全国7か所で開催するとともに、同セミナー受講者を対象にPCを使って操作しながら「Metroスタイル」アプリケーションをステップ・バイ・ステップで開発する「ハンズオントレーニング」を提供していく。

 さらに、開発したアプリケーションとソースコードが「Metroスタイル」のデザインやガイドラインに沿って実装しているかどうかを、同社のエンジニアと共に事前に検証できるラボを設置。また、同社のエンジニアが「Internet Explorer 10」上の表示およびWebサイトでの動作検証を実施する、互換性ラボを設置する。

 ほかにも、トレーニングやディスカッションを通して「Metroスタイル」アプリケーション開発の知識と経験を深めることによって、学生開発者を育成するためのインターンシッププログラム「学生向けのフェローシッププログラム」を開始するとともに、オンライン上の情報交換の場として、「Microsoft Answers」や「MSDNフォーラム」を提供していく。

 なお、「Go Metro」の詳細や今後の予定は、公式Facebookページにて発表する。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
「Go Metro」
「Microsoft Answers」
「Windows Metroスタイル アプリ開発」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5