Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースのコンパイラ「LLVM」が、NVIDIA GPUをサポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/05/10 11:57

 NVIDIAは、オープンソースのコンパイラ「LLVM」が、NVIDIA GPUをサポートしたことを、9日(現地時間)に発表した。「LLVM」によるNVIDIA GPUのサポートによって、GPUアクセラレーションを利用可能なプログラミング言語が大幅に増えるとともに、そのメリットを享受できる研究者や独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)が、劇的に増えることになる。

 「LLVM」は、幅広く使われているオープンソースのコンパイラ・インフラストラクチャで、モジュール型の設計によってサポートするプログラミング言語やプロセッサ・アーキテクチャを簡単に追加できる。C/C++、Objective-C、Fortran、Ada、Haskell、Javaバイトコード、
Python、Ruby、ActionScript、GLSL、Rustなど、多彩なプログラミング言語とフロントエンドに対応している。

 同社は、「LLVM」の開発者と協力し、「LLVM」コアと並列スレッド実行のバックエンドに対して、CUDAコンパイラに対応するソースコードの変更を行った。その結果、従来よりも幅広いプログラミング言語でGPUアクセラレーターに対応したアプリケーションの開発が行えるようになり、今後はより多くの開発者のGPUコンピューティング利用が期待される。

 NVIDIA GPUをサポートした最新バージョンの「LLVM」は、公式Webサイトで配布している。


【関連リンク】
NVIDIA
The LLVM Compiler Infrastructure

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5