Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-ページレポートにおけるグループ化と式

ActiveReports for .NET 7.0Jで作るサンプル帳票(4)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では帳票作成コンポーネント「ActiveReports for .NET 7.0J」を使って帳票アプリケーションを作成していきます。今回はActiveReportsのページレポートについて解説します。また、データ領域の「Table」の使用方法と、さらにページレポートで使われる「式」(ExpressionInfo)についても解説します。

目次
備考

 本稿は、連載『5分でわかるActiveReports帳票(2007年度版)』(渡辺俊史・宮本奈紗 著)の増補改訂版です。

対象読者

  • Visual Basic.NETまたはVisual C#を使ってプログラムを作ったことのある方
  • 帳票作成ツールに興味のある方

必要な環境

  • Visual Studio 2008 SP1/2010/2012のいずれかでプログラムが作れる環境
    (Express EditionではActiveReportsをインストールできません)

 本記事のサンプルコードは、C#/Visual Basic 2012で記述しています。

ページレポート:Tableデータ領域

 ページレポートの「データ領域」(第2回参照)には、List、BandedList、Table、Matrixなどがあります。前回はListを使用しましたが、今回はTableを使用してみましょう。

データソースとデータセットの追加

 プロジェクトにページレポートを追加して、データソース、データセットを追加します。詳しい手順については第2回を参考にしてください。

 第2回と同じように、製品に付属するAccessファイルのNwind.mdbに接続します。「種類」は「Microsoft OleDb Provider」、「接続設定」の「OLE DBプロバイダ」には「Microsoft Jet.OLEDB.4.0」を指定します。

 データセットに使用するクエリは以下のようにします。このクエリは、製品名・種類名・製品毎の売上金額を得るものであり、Nwind.mdb内にある「Sales by Category」クエリと同じSQL文です。

SELECT DISTINCTROW Categories.CategoryID, Categories.CategoryName, 
	Products.ProductName, 
	Sum([Order Details Extended].ExtendedPrice) AS ProductSales
FROM Categories 
INNER JOIN (Products 
	INNER JOIN (Orders 
		INNER JOIN [Order Details Extended] 
		ON Orders.OrderID = [Order Details Extended].OrderID) 
	ON Products.ProductID = [Order Details Extended].ProductID) 
ON Categories.CategoryID = Products.CategoryID
WHERE (((Orders.OrderDate) Between #1/1/1995# And #12/31/1995#))
GROUP BY Categories.CategoryID, Categories.CategoryName, Products.ProductName
ORDER BY Products.ProductName;

Tableの配置

 Tableをページレポートに配置します。ツールボックスの「ActiveReports 7ページ」タブから「Table」を選んで、ドラッグ&ドロップします。次に、「FixedSize」と「Size」プロパティに適切な値を設定してページ上の大きさを決めます。こうした設定はListと同様なので第2回をご参照ください。

Tableデータ領域のデザイン画面
Tableデータ領域のデザイン画面

 Tableは、デフォルトでは3行3列の表となっています。

 列(縦方向)については、追加して4列以上に増やすことができます。また、削除して2列や1列で使用することも可能です。

テーブルに列を追加する
テーブルに列を追加する

 一方、横方向の3行はそれぞれ役割が異なります。デフォルトで定義されている3行のうち、一番上の行は「テーブルのヘッダ」、2行目は「テーブルの詳細」、一番下の行は「テーブルのフッタ」です。

テーブルの各行のアイコン
テーブルの各行のアイコン

 一番重要なのは「テーブルの詳細」です。セクションレポートにおけるDetailセクションに当たるものです。通常はこの行がデータを表示する行になります。

 また、「グループヘッダ」「グループフッタ」の行も追加することができますが、これについては後述します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5